「業務 システム化」から探す!IT製品・セミナー情報

「業務 システム化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「業務 システム化」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「業務 システム化」に関するIT製品情報

食品卸売業向け販売管理システム SkynetGrocery  2016/02/22


東計電算

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 パッケージ費用 280万円クラウド利用料 15万円/月〜※税別

カテゴリ  販売管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  食材卸業務に特有の運用・業務をシステム化した食品卸業向け販売管理システム。ASP型での利用が可能。

オススメユーザー  食品卸売業向け。誤配・遅配の削減、出荷業務の効率化、過剰在庫・売上機会損失の防止、入荷管理の簡素化を実現したい企業など。


Usolia建設業ERPシステム(PROCES.S)  2016/02/01


内田洋行ITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 生産管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  情報系、基幹系を融合し、業務のすべてを一元化する建設業向けERPパッケージ。業務ごとの多様なモジュールラインナップを用意。オンプレミス/クラウドに対応。

オススメユーザー  社内に複数システムが存在し情報が一元化されていない、独自要件が多くパッケージによるシステム化をあきらめていた企業など。


Usolia貿易業システム(VPort)  2016/02/01


内田洋行ITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 電子帳票システム | 特定業種向けシステム

製品概要  煩雑な貿易業務を管理するパッケージ。ドキュメント作成の効率化、各社固有の経費按分処理への柔軟な対応に加え、資金繰りを強力にサポートする債権債務管理機能を搭載。

オススメユーザー  煩雑な業務をシステム化により効率化したい貿易業の企業。ドキュメント作成の効率化、各社固有の経費按分処理などが課題の企業。


「業務 システム化」に関する特集



新規顧客との取引の際に、予想以上に手間となるのが与信管理作業。今回は、請求書発行業務から代金回収をシステム化することで、新規顧客との取引が可能になり、売り上げが2.5倍に拡大した事例をご紹介します!


カテゴリ  会計システム |




 企業の事務ワークフローの中にはExcel帳票で集計業務を行うことが多い。会計などの仕組みがシステム化される一方、細かな事務処理作業はシステム化から取り残されていたり、現場が「運用でカバー」しているケースも少なくないだろう。 例えば、経費精算などで「所定のExcel帳票を記入して担当者にメール添付で申請する」といった運用をしてはいないだろうか? こうしたケースでは、定型の帳票を使っていながら、担当者が都度入力する必要があったり、提出されたデータを手動でコピー&ペーストする必要があったりと、ムダなプロセスが多い。 グレープシティが2016年4月20日に発表したExcel帳票の集計業務を効率化するクラウドサービス「Masume(ますめ)」は、こうしたあらゆる企業に残る”手作業集計”のムダを解消するために開発されたという。 この製品のキモは、他の組織から見ると「ワークフローが変わらない」点にある。 ワークフロー全体を切り替えるような集計業務効率化を検討する場合、導入する際に取引先や関係部署を巻き込んで新しいワークフローを学習させるところにまで責任を持たなくてはならず、導入が非常に大掛かりになってしまう。一方、ワークフローが変わらない場合であれば、導入部門の意思で素早く導入できる。


カテゴリ  帳票管理システム | データベースソフト | ワークフロー | その他情報システム関連




 前回は、3つの経営層への説得シナリオの1つとして「リスク対応」についてお話しした。今回は、説得シナリオの最後となる「費用対効果」について説明したい。 リスク分析の王道として、ある資産が、何らかの問題(脆弱性)により、企業に影響(リスク)を与えた場合をシュミレーションして被害金額を算出する。弊社でも、過去に何度か試みたが、かなりの時間とコストを要し、発生頻度など、なかなか論理的に説明することは難しかったと振り返る。よって経営層への説得シナリオとしては、まずは王道である手法はとらず、「今までやっていなかったこと、つまり前回で述べたリスクを低減するのだから、当然、費用は発生する。」という論調にするほうが、理解を得やすいのではないかと感じている。 ただIAMを導入することことで、コスト削減が期待できる業務が存在することを訴えるべきだと考えている。具体的には以下のような業務をシステム化することで、コスト削減が可能であると説明し理解を得た。


カテゴリ  ID管理 |


「業務 システム化」に関するニュース



 ドリーム・アーツは、現場のビジネスプロセスを進化させる業務プラットフォームの新版「ひびきSm@rtDB(スマートDB)ver.3.5」の提供を開始した。スマートDBは、さまざまなビジネス現場の業務をシステム化するアプリケーション基盤。Web DBや文書管理、ワークフローといった機能を備え、ユーザー自身で業務に適した…


カテゴリ  データベースソフト | 開発環境/BaaS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「業務 システム化」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ