「棚卸し RFID」から探す!IT製品・セミナー情報

「棚卸し RFID」 に近い情報
「棚卸し」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「棚卸し RFID」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「棚卸し」に関するIT製品情報

ファイルサーバアクセス統合管理製品『Varonis DatAdvantage』  2016/06/10


ノックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 定価140万円〜(税別)

カテゴリ  サーバー管理 | オンラインストレージ/ファイルストレージ | 認証 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。

オススメユーザー  ファイルサーバで取り扱われるデータ量が増え、正しくアクセス権限を管理できていない企業。情報漏洩を防ぎたい企業。


「棚卸し」に関する特集



 過去2回までで、昨今の電子ファイルの仕分けや棚卸しに対する意識の高まりや、実際に企業が策定しているルールや対策と、それらを徹底するための悩みや問題点を説明した。 第3回では、電子ファイルの仕分けや棚卸しを行う際のポイント及び、それらを徹底することによるメリットを説明する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 経営者やユーザ部門責任者との相互理解を深め、納得性の高いICTコスト管理を推進するには、俗にいう「コストの見える化」が重要である。その上で経年の変化を見据え、技術動向を見定めた計画を立て、実施することが最適化の王道である。 しかし大半の企業では、日常の運用業務やトラブルに振り回され、必要に迫られてのパッチ的なシステム対応や、緊急時の対症療法的機器の購入等が優先され、ICTシステムの適正化はほど遠い状態になっている。 見える化はおろか棚卸しさえも実施していない企業もある。ある企業ではシステムのハード・ソフトの棚卸し結果、業務システムに組み込まれたパッケージソフトのメンテナンス料を既に利用されていないにもかかわらず、何年にも渡って払っていた事が判明したという。思い当たる読者も多いのではないか。


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |




 前回の最後において、電子ファイルの仕分け、棚卸しに対する悩みを抱えている企業が増えている、という話をしたが、それらの課題に対し既に対策を始めている企業が、筆者の想像以上に増えてきている、というのが最近の感想である。 それでは、具体的にどのような対策を行っているかについて、簡単に例をあげる。


カテゴリ  IT資産管理 |


「棚卸し」に関するニュース



 株式会社ネットレックスは、物品管理・棚卸しを支援するクラウドサービス「Convi.BASE」で、ユーザインターフェース(UI)を全面リニュアルした新バージョン「Convi.BASE Ver.5」を発売した。「Convi.BASE」は、バーコード、ICタグ、カラーコードなどを利用して、様々な“モノ”を適正に管理・運用し、管理精度の向…


カテゴリ  在庫管理システム | その他スマートデバイス関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「棚卸し RFID」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ