「架空請求メール内容」から探す!IT製品・セミナー情報

「架空請求メール内容」 に近い情報
「架空請求」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「架空請求メール内容」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説メールとは?

メールとは、企業内個人が社内/社外とやり取りする電子メールの送受信、保存、セキュリティ対策などを実現するためのITソリューション群のこと。具体的には、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやり取りするための「電子メール」、社内外でやり取りされる電子メールを捕捉し、削除や改竄ができない状態でデータを長期保管すると共に必要に応じて検索/復元できる「メールアーカイブ」、企業が定めた情報セキュリティポリシーに則り、ポリシーに合致しないメールを事前に遮断できる「メールフィルタリングツール」、メール受信時にウイルスを含む添付ファイルなど有害なコンテンツを特定/除去したり、メールの差出人/内容などの情報を基に脅威となるメールを特定/遮断できる「アンチウイルス/アンチスパムソフト」などが挙げられる。

「架空請求」に関する特集



 警察庁によると、2009年の振り込め詐欺の被害額は年間100億円にのぼるペースだという。2007年の251億円、2008年の275億円の被害額から比較すると、その額は減少傾向にあるものの、依然大きな社会問題となっている。数年前から、その詐欺の手法、被害にあわないための対策が広く告知され、注意が促されているが、犯罪者は手を変え、品を変え詐欺を働くため、まだその根絶にはいたっていないようである。 振り込め詐欺とは、被害者の身内に成りすまし、交通事故の示談金、借金の返済等を騙り、預金口座に現金を振り込ませる「オレオレ詐欺」をはじめとして、「架空請求詐欺」、「融資保証金詐欺」、「還付金等詐欺」の4種類に大別されるそうだ。相手の不安・期待をあおり、金銭を不当に詐取する手口は4種類すべてに共通している。 インターネット上でも、振り込め詐欺と同様の犯罪が数多く確認されている。 FAKEAV(フェイクエーブイ)という不正プログラムをご存知だろうか、文字通りFAKE(偽の)AV(Anti Virus:アンチウイルス)である。FAKEAVとは、自身にまともなウイルス検索・駆除機能を持っていないにも関わらず、ユーザのコンピュータ上でウイルスが検出されたとの警告を出し、正規版の購入にかこつけて、ユーザから金銭に代わる情報(クレジットカード情報等)を盗み出す不正プログラムの総称である。一般的に「偽セキュリティソフト」といった呼ばれ方をする場合もある。 第1回目で紹介した2009年11月の不正プログラム感染被害報告数で「TROJ_FAKEAV」が10位になっているように、最近目立って、感染被害報告が寄せられている。 ここで、FAKEAVの一般的な手口を紹介したい。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「架空請求メール内容」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ