「東芝 証憑電子化」から探す!IT製品・セミナー情報

「東芝 証憑電子化」 に近い情報
「東芝」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「東芝 証憑電子化」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「東芝」に関するIT製品情報

相見積・リバースオークションサービス 「dynaCloud Auction」  2015/01/15


東芝情報システム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  会計システム | 生産管理システム | その他基幹系システム関連 | その他情報システム関連 | その他情報共有システム関連

製品概要  サプライヤー間で競争させるオークションを活用し、購買価格決定、取引先の選定などの価格交渉業務を最適化する支援システム。クラウドサービスのほかパッケージ版もあり。

オススメユーザー  調達コストの削減・最適化を検討している企業。見積取得や価格調整などの調達プロセスを効率化したい企業。


「東芝」に関する特集



堅牢性、耐衝撃性、操作性など、高いレベルで切磋琢磨するビジネスノートPC製品。東芝が自前設計・自前開発にこだわる理由とは?


カテゴリ  ノートパソコン |




法人向けdynabookの生産拠点である東芝情報機器杭州社。今回はそのトップである中原 泰氏に、日本人スタッフと中国人スタッフが持つ“徹底した高品質へのこだわり”とマネジメントのポイントを伺った。


カテゴリ  ノートパソコン |




 2016年10月13日、米Zuoraの日本法人であるZuora Japanは自社の「リレーションシップ・ビジネス・マネジメント(RBM)」サービスが東芝グループのIoTサービスの基盤に採用されたと発表した。ZuoraのいうRBMとは、サブスクリプション型ビジネスモデル運営のためのSaaSプラットフォームを指す。 東芝では、グループ内のIoT関連部門や人材を統合し、社内カンパニー「東芝インダストリアルICTソリューション社」を2015年に設立している。同社ではグループ全体のIoT基盤構築を進めており、IoTビジネスの利用形態や課金方式でも多様な要求に対応すべく整備しているところだという。この中の1つが「サブスクリプション型」の課金体系というわけだ。 ZuoraのRBMプラットフォームは、経済紙『Wall Street Jornal』、オンラインストレージサービスを提供するbox、エンタープライズ向けのクラウドサービスを展開するIBM、通信キャリア大手AT&T、IoTソリューションなどを開発するゼネラル・エレクトリック(GE)などに採用されている。B2Cでは旅行情報サービスを運営するTripAdvisorもユーザーだ。 Zuora Japanは2015年に設立、サービスの日本語化が完了した2016年4月から本格的な事業活動を開始しており、日本経済新聞社、コマツ、日本ユニシス、Freeeなどが既に導入企業に名を連ねている。三井情報、日立ソリューションズが販売パートナーになっており、決済ではGMOペイメントゲートウェイと提携している。ペイメントゲートウェイ(オンライン決済代行事業者)についてはこの他にも複数社と交渉を進めているという。


カテゴリ  システムインテグレーション |


「東芝」に関するニュース



 東芝ITサービスは12月1日、FortinetのUTM「FortiGate」を活用して、ネットワークセキュリティを一元的に提供するサービスを開始する。FortiGateは、多層防御を提供するセキュリティアプライアンス製品だ。今回の新サービスでは、機器の手配から構築、導入、運用、保守まで、同製品のライフサイクル全体を支援す…


カテゴリ  UTM | 運用系業務アウトソーシング




 東芝クライアントソリューションは1月23日、法人向けに、第8世代Coreプロセッサを搭載したスタンダードノートPC「dynabook B75/B65」やモバイルノートPC「dynabook U63」などを発売した。今回の新製品では、全てのモデルで、Windows 10のアップデート「Fall Creators Update」が適用されている。第8世代や第7世代…


カテゴリ  ノートパソコン | タブレット




 東芝テックは、電子レシートサービス「スマートレシート」で、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例措置)の対象商品を自動で判別し、仕分けから集計までを自動で行う機能の提供を開始した。本サービスは、通常は紙として提供される明細レシートを電子化し、電子レシートセンターがデータとして預かり、買…


カテゴリ  電子帳票システム | その他スマートデバイス関連 | 特定業種向けシステム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「東芝 証憑電子化」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ