「未来サーバー」に近い情報
「未来」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「未来」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「未来」に関する記事情報

2倍の受注に「2倍働く」以外の答えを作る――名古屋のものづくり企業が選んだ方法を取材した

製造工程が「ぶっ通しで20時間」もかかるエンジンを取り扱う三菱重工航空エンジン。受注が増える中でサプライヤー管理や品質管理、需要管理の工程を効率化した。IoTなどの未来志向の技術を、現場の効率化に還元する。何にどう効果があったのか。

AI技術でタクシー配車を最適化する「リアルタイム移動需要予測」とは?

リアルタイム移動需要予測サービスは、モノや人の移動状況を捉えて近未来の移動需要を予測する技術だ。タクシーや公共交通、運輸、物流最適化、交通渋滞・混雑緩和や事故・災害対策にも大きく貢献する可能性を秘める。多様なデータの関係性を見いだせる技術の詳細とは。

これから5年でCRMはどう変わるのか、ガートナーが2018年版“未来予想図”を発表

ガートナー・ジャパンが「日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2018年」を発表した。顧客の満足度を上げ、収益を最大化するための新しい技術にはどのようなものがあるのか。30項目のキーワードが並んだ。

脳で機械を動かす時代に備える「BMI倫理綱領3基準」とは?

脳と機械を接続する技術の総称であるBMIに関して研究者達が提言した「BMI倫理綱領3基準」。未来を見据えた提言の意味とは?

買収による業界再編は? 2017年複合機市場の着地点

業界再編の兆しもある複合機市場だが、ベンダー動向を整理しつつ、複合機ビジネスの今を詳しく概観する。複合機の未来はどうなる?

AIは仕事を奪わない? 富士通のAIがつくる未来のかたち

膨大なデータの処理や制御を行うためにAIの技術は不可欠である。富士通が志向するAIは「人に寄り添う」というコンセプトを掲げている。果たしてその真意とは?

強電気魚の電気器官をデバイス化した「シビレエイ発電」とは

シビレエイの発電器官を発電デバイスに応用した「シビレエイ発電機」が登場した。近未来の発電手法がいよいよ実現なるか。

大予想2020年、統合運用管理はどうなっている?

ビッグデータやAI、IoTといった新技術がシステム運用管理にどのような影響を与えるのか。今後続々と実用化されるであろう先端技術を取り入れた統合運用管理製品の未来予想図を描いてみる。

SDNと日本のインターネット基盤の未来とは

柔軟なネットワーク制御を実現するとして注目を集めるSDNやNFVといった技術によって日本のインターネット基盤はどのように変化するのだろうか。

IoT時代の企業間競争に勝つために検討すべき10の戦略的選択肢

マイケル・ポーター教授が描いたIoTの未来。接続機能を持つスマート製品は企業間の競争にどのような影響をもたらすのか。

「未来」に関するIT製品情報

製造業の未来を変えるデジタルツインテクノロジー、その実装に必要なものとは?

SAS Institute Japan株式会社

製造業の未来を変え、組織があらゆる局面で競争優位性を獲得するために欠かせないテクノロジーとして注目される「デジタルツイン」。そのメリットを得られるかどうかは、IoTとアナリティクスのさらなる洗練、技術の成熟にかかっている。

頻発するID詐欺、意識調査で見えた「認証の未来」 バイオメトリクスを考える

日本アイ・ビー・エム株式会社

過去6年間で1120億ドルもの被害が発生しているID詐欺が、認証の在り方に変化をもたらしている。生体認証が一般化しつつある現在、ユーザーがセキュリティと利便性をどのように捉えているのかが分かる資料を紹介しよう。

経営管理の「9つの重要トレンド」が示す、データ活用プラットフォームの必要性

BOARD Japan株式会社

2018年、企業の未来を左右する重要トレンドとして注目される分野が9つある。 それらの実現のカギとなるのが、BIや業績管理、アナリティクスといった意思決定 に必要な機能を統合したデータ活用プラットフォームだ。その実力を探る。

ICS会計ERP OPEN21de3

株式会社ICSパートナーズ

会計情報の徹底活用で、経営の未来予想図をより鮮明にする

Avocent Data Center Planner

日本エマソン株式会社

過去・現在・未来の正確な把握により、作業やコストの無駄を削減

「未来」に関する新着セミナー

未来の働き方のヒントがここに! 共創ワークショップ体験会(大阪)

富士通株式会社 ワークスタイル変革事務局

2019/01/23(水)14:30~16:30

  • 大阪府
無料 | 定員10名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | メール

Microsoft・Boxと考える働き方改革の未来(名古屋会場) ~進化を続ける富士通社内実践とその効果とは~

富士通 株式会社

2019/02/07(木)15:00~17:30

  • 愛知県
無料 | 定員30名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | ストレージ | 情報システム

Microsoft・Boxと考える働き方改革の未来(福岡会場)~進化を続ける富士通社内実践とその効果とは~

富士通 株式会社

2019/01/23(水)15:00~17:30

  • 福岡県
無料 | 定員40名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「未来」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。