「最新の情報システム」から探す!IT製品・セミナー情報

「最新の情報システム」 に近い情報
「最新の情報」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「最新の情報システム」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説情報システムとは?

情報系システムとは、企業が利用する各種情報システムの中で、ビジネス活動の様々な場面における情報を管理し、意思決定を支援するためのシステム群のこと。具体的には、顧客との良好な関係を強化/維持していくためのプロセスを管理するための「CRM(Customer Relationship Management)」や、営業現場の担当者の活動を効率化するとともに、現場の業務から入手できる様々な情報を吸い上げて活用できるようにする「SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)」、あるいはコールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用される「CTI(Computer Telephony Integration)」などが挙げられる。これら情報系システムに対し、企業活動を遂行する上で必要不可欠となる情報システム群は、基幹系システムと呼ばれる。

「最新の情報」に関するセミナー情報

情報セキュリティ・危機管理セミナー 大阪:特別セミナー

主催/共催:カコムス/富士通マーケティング/Sky/バラクーダネットワークスジャパン


開催日

 2月16日(木)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | バックアップサービス

概要  最新の情報セキュリティとIT経営戦略としての危機管理がわかる「情報セキュリティ・危機管理セミナー」を、2017年2月16日(木)に株式会社富士通マーケティング …

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|経営者CIO|情報システム部の統括


「最新の情報」に関する特集



 近年、組織の情報システムや情報資産をターゲットとした攻撃が巧妙になってきており、防衛関連産業界を狙った標的型攻撃が発生するなど、組織の情報システム等は危険に晒されている。このような状況の中、IPAでは、最新の情報セキュリティ被害の動向や対策の実施状況を把握するため、「国内における情報セキュリティ事象被害状況調査」を継続して実施している。 今回は、2012年2月に公開した調査結果より、情報セキュリティ対策の実施状況や被害に関するデータなどを取り上げ、企業における情報セキュリティ上の課題や傾向を見ていくこととする。 調査概要は以下の通り。続いて各種データを紹介していく。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 これから大型連休を迎え、国内外に旅行する人が増えると思いますが、無料Wi-Fiの利用方法について、最新の情報窃取の不正手口とその対策を混じえて紹介します。 現在、日本人の観光地での公衆無線LAN(無料Wi-Fi)の利用は約8割で、その3割がSNSやECサイトへ接続しています(図1参照)。 結論的には、空港や観光地の無料Wi-Fiは必ずVPN接続で利用する、ホテルのセキュリティ設定されているWi-FiもVPNで接続することをお勧めします。


カテゴリ  無線LAN | セキュリティ診断 | インターネットVPN




 連載の最終回にあたる今回は、昨今、特に注目度が高い「CSIRT(シーサート/Computer Security Incident Response Team)」について、当社が構築・運用している例を紹介します。 システムへの攻撃は、当たり前ですが「弱点を狙う」のが常套手口です。OSやアプリケーションに既知の脆弱性があれば、そこがピンポイントで狙われる危険性が高いです。こうした攻撃に対処するためには、脆弱性情報や攻撃予兆情報に常に注意を払い、最新の情報を迅速に入手して社内で共有・分析し、必要な対応をできるだけ短時間で実施することが求められます。事前に対応方針や対応手順を策定しておくことも必要です。このような作業の中心的な役割を果たすのがCSIRTです。 情報セキュリティ委員会等はすでに組織化されていても、インシデント・レスポンスの迅速化やインシデント発生予防の視点では業務が必ずしも整理されてこなかった企業も多いのではないでしょうか。とはいえ最近の脅威傾向を考えると、CSIRT機能の見直しと整備がすべての企業にとって急務となっていることは間違いありません。第4回目ではcloudpackが公開しているホワイトペーパー「Security White Paper」にある「脆弱性情報に対する対応」について紹介します。


カテゴリ  IaaS/PaaS | アンチウイルス


「最新の情報」に関するニュース



 OKIは、製品含有化学物質情報システム「COINServ-COSMOS-R/R」で、最新の情報伝達スキーム「chemSHERPA」に対応した。価格は最小構成で300万円(税別)〜。本システムは、順法判断情報・成分情報「chemSHERPA-CI」「chemSHERPA-AI」の全てを管理できるため、企業の化学物質管理基準に合わせて運用できる。また、従…


カテゴリ  特定業種向けシステム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「最新の情報システム」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ