「暗号化ディスク」から探す!IT製品・セミナー情報

「暗号化ディスク」 に近い情報
「暗号化デ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「暗号化ディスク」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「暗号化デ」に関するIT製品情報

ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP  2015/12/31


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 InterSafe IRM:1万5000円〜InterSafe SD基本セット:1万1700円〜 *税別、詳細は補足説明を参照

カテゴリ  DLP |

製品概要  「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。

オススメユーザー  情報漏洩対策を一元管理で実施したい企業。業務効率を落とすことなく、データを安全に活用したいと考えている企業。


メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert  2016/10/01


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 5〜50ユーザライセンス単価例 (初年度サポート料込み、税別): エンタープライズ版 :2800円 スタンダード版 :2500円

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  社外宛メールや添付ファイルの送信時などに警告を表示し、ユーザ自身でメール誤送信対策を実施できるツール。添付ファイルを自動ZIP暗号化できる機能もオプションで対応。

オススメユーザー  業務効率を落とすことなくメール誤送信対策を講じたい企業。Office 365への移行にともない、Outlookの誤送信対策が必要な企業。


McAfee Total Protection for Data  2013/05/01


マカフィー

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 1ノード :7830円(税別)〜

カテゴリ  IT資産管理 | ADC/ロードバランサ | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  エンドポイントの情報漏洩をトータルで実現するスイート製品。機能:ディスクやフォルダの暗号化、データの監視、認証、ログ取得、リムーバブルメディア利用制限など

オススメユーザー  エンドポイントの情報漏洩対策をトータルで行いたい企業。多くの機能を一括で導入することで、管理の負荷を削減したい企業など。


「暗号化デ」に関する特集



復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場!暗号化の限界突破へ!


カテゴリ  BI | 暗号化




情報漏洩を防ぎ高速に暗号処理ができるクラウド向け「ポリバレント暗号」を特集。スマホでも高速に暗号化できるその仕組みとは?


カテゴリ  暗号化 |




 企業経営においての最も大きなリスクは、いつも「経済不確実性」であった。しかしながら、ここ最近「IT資産に対するセキュリティテロ」が注目を集めている中、経済不確実性に続き、大きなリスクとして“サイバー脅威”が挙げられるようになった。経済不確実性はある種どうしようもない悩みでもあり、今や経営の一線での実質的な悩みは、この時代に浮上してきた新たなリスク、サイバー脅威であると断言できるであろう。 言い方は悪いかもしれないが、経済不確実性はどうしようもない悩である。まるで空気のように当たり前にビジネス環境を取り巻く要素であり、経済不確実性により引き起こされる問題は、常に経営課題として真剣に対応していくものである。 一方、サイバー脅威はどうだろう? サイバー脅威はこの時代の新たに誕生した負の遺産のような経営リスクであるがゆえに、経営者にとっては不慣れなものである。その対策の道筋も分からないまま、日々進化するサイバーテロの手口にやられてしまい、マスコミに騒がれ顧客の信頼を失い、売上や企業イメージにも影響を及ぼすといったケースが多発している。 企業のIT資産を脅かすサイバー脅威は、企業経営の継続性を害し社会的な問題を引き起こすようなところまで広がることも多々ある。大げさに言っているわけではない。経営者は真剣に問題に取り組んでいくべきである。企業の重要な資産であるIT資産に対する脅威を「アンダーコントロール(Under Control)」するためには、企業の従来の危機管理方法を再検討し、新たなアプローチを加える必要がある。


カテゴリ  暗号化 |


「暗号化デ」に関するニュース



 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、米Vormetric,Inc.のエンタープライズ向け暗号化ソリューション「Vormetric Data Security Platform」の新バージョンの提供を2016年秋に開始する。価格はオープン価格。今回の新バージョンには、アプリケーションがオンライン稼働中でもデータを暗号化できる…


カテゴリ  暗号化 |




 ハミングヘッズは、情報漏えい対策ソフト「セキュリティプラットフォーム」に、ファイル持ち出し時の申請と許可を行うための機能「リリース承認フォルダ」を装備した。本ソフトは、外部にファイルを持ち出す際に自動的に暗号化できる。履歴、書き込み禁止、サイバー攻撃対策といった機能も備える。今回の新機能では…


カテゴリ  ワークフロー | DLP



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「暗号化ディスク」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ