「日本情報総研」から探す!IT製品・セミナー情報

「日本情報総研」 に近い情報
「日本情報」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「日本情報総研」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「日本情報」に関するIT製品情報

IT資産&セキュリティ統合管理ツール「SecureSeed」  2013/08/01


南日本情報処理センター

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格(参考価格)100ライセンス 56万円〜 (税別)

カテゴリ  IT資産管理 | リモートアクセス | UTM | 認証 | ID管理 | 統合ログ管理

製品概要  IT資産管理と情報漏洩対策に不可欠な機能をワンストップで提供。更に管理者の負担を軽減する機能も充実しており、セキュリティ対策の推進、管理コストの削減を実現する。

オススメユーザー  内部統制・IT統制対策や情報漏洩対策、セキュリティ強化を効率的に実施したい企業。 社内PCの運用管理を軽減したい企業。


「日本情報」に関する特集



 情報システムの調達といっても、色々な段階がある。またそのガイドについても、公共においては「情報システムに係る政府調達の基本指針」(各府省CIO連絡会議)や「調達ガイドライン」(ニューメディア開発協会)、民間においては「要求仕様定義ガイドライン」(日本情報システム・ユーザー協会:JUAS)等がある。しかしセキュリティに関する調達ガイドはあまり見かけない。筆者は30年近くに渡りセキュリティ・安心安全のシステムに関し、ハードウェア設計/ソフトウェア設計/システム設計/プロジェクト管理/システム企画と様々な形で携わってきた。これらの経験で得たことを踏まえ、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や(独)情報処理推進機構(IPA)、政府のガイド等も参照して政府調達を念頭に置きつつも、民間における調達にも参考になるように調達におけるセキュリティの全体像を4回にわたって述べる。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 今回より政井氏と二人、リレー形式でシステム運用の問題を解説することになった。第1回は企業としての情報システムの運用問題を、担当者の苦労や工夫などを織り交ぜながら私、細川が書いていきたい。「開発は恋愛、運用は結婚」なる名言を作った運用問題の責任者がいる。「開発(恋愛)は盛り上がるが一時の行為であり、運用(結婚)は地道に永久に続く」ことを言い表しており、まさに名言である。「一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)」では、800を超える企業からの回答に基づき、多種多様な情報を提供する『企業IT動向調査』、経済産業省の後援を元に、開発・保守・運用の詳細な情報提供を可能にする『ユーザー企業ソフトウェアメトリックス調査』を毎年刊行しており、こうした特色を生かしつつ、その他随時調査の情報も含めて解説を進めていきたい。まず第1回はITの総費用と運用費用の問題である。


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |


「日本情報」に関するニュース



 日本情報クリエイトは、不動産業向けの賃貸物件総合管理システム「賃貸革命10」を2017年1月に正式リリースする。本システムは、物件・契約管理や家賃の請求・入金処理を一元管理できる。また、自社Webサイトや不動産ポータルサイトに物件情報を掲載したり、成約した物件を非掲載にしたりする作業や、管理物件の空…


カテゴリ  特定業種向けシステム |




 日本情報クリエイトは、不動産売買仲介総合管理システム「売買革命10」で、不動産・住宅サイト「SUUMO」に物件情報を掲載するための物件データ連動オプションを11月下旬にリリースする。本システムは、見込客の追客活動や成約管理、営業活動のスケジュールや案件管理、売主への業務報告書作成などを行える。また、…


カテゴリ  特定業種向けシステム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「日本情報総研」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ