「文書管理・ECM」から探す!IT製品・セミナー情報

「文書管理・ECM」 に近い情報
「文書管理・E」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「文書管理・ECM」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説文書管理とは?

文書管理ツールとは、文書のライフサイクル(作成/電子化/登録/収集/配布、活用/共有、検索、保管、廃棄)の一元管理を行うことで、重要文書に対する取り扱いの責任と権限を明確にしながら文書情報の活性化を図ることができるツール。社内の各クライアントに点在している文書がデータベースサーバに集められ、見読性、完全性、機密性、検索性という4つの要件を維持しながらライフサイクルに従って管理される。

「文書管理・E」に関するIT製品情報

ユーザ参加型 ナレッジ共有サービス 「ナレッジリング」  2017/06/01


CBIT

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【フリープラン】■初期費用無料■月額料金無料※20アカウント500MBまで

カテゴリ  ナレッジマネジメント | ワークフロー | 文書管理 | EIP | データ検索ソフト

製品概要  テキストと文書(Word/Excel/PowerPoint/PDF)を対象とした全文検索機能、ユーザ間のQ&A機能、キーワード分析機能などを備えたクラウド型ナレッジ共有サービス。

オススメユーザー  ●社内のナレッジ共有を簡単・低コストで実現したい企業●問い合わせ対応にかかる負荷やコストを減らしたい組織や部門


Brava for SharePoint 2010  2012/07/31


オーシャンブリッジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ナレッジマネジメント | ファイル共有 | 文書管理 | EIP | データ検索ソフト | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  SharePoint 2010に登録された各種ファイルをビューアで表示することで、ファイルを閲覧する際の様々な業務を効率化できる多機能ファイルビューア。

オススメユーザー  文書・図面管理システムのファイルを高速にセキュアに表示したい、他拠点や取引先などのユーザとファイルレビューをしたい企業。


EDM マニュアルワークス  2012/09/19


デザイン・クリエィション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ナレッジマネジメント | 文書管理 | eラーニングシステム | データ検索ソフト | 認証

製品概要  Webブラウザによる業務マニュアルの配信・閲覧が容易に実現。付箋や注釈も可能。最新版の常時閲覧を実現し、旧版利用のトラブル抑止に貢献。高速・高精細表示可能。

オススメユーザー  業務マニュアルを紙または電子ファイルで運用し、手間やコスト、セキュリティ、コンプライアンス面などに課題を感じる企業。


マニュアル・デモ動画作成ツール iTutor (アイチューター)  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ■Professional Edition 1PCプラン(スタンドアロン版)55万円 ※初年度サポート費用含む ※税別

カテゴリ  その他情報共有システム関連 | 文書管理 | eラーニングシステム

製品概要  誰でも簡単にマニュアルやデモ動画、eラーニング教材が作成できるツール。一度操作するだけで、操作説明文付きの画像を取り込み、PowerPoint感覚で編集作業ができる。

オススメユーザー  販促用・サポート用の動画を自社で作成したい、手間をかけずにもっと簡単にマニュアルを作りたいという要望を持つ企業。


「文書管理・E」に関する特集



e-文書法や公文書管理法、IFRSといった法制度への期待から、市場の伸長が見込まれている「文書管理」。同製品のシェアはこちら!


カテゴリ  文書管理 |




全日本空輸では2012年4月から全客室乗務員のiPad携行を開始するなど、ICT活用による様々なワークスタイル変革に取り組んでいる。同社ではどのような流れで改革を進め、現在、どれほどの成果を上げているのだろうか?


カテゴリ  タブレット | 文書管理 | eラーニングシステム




 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件をまとめたもので、会計帳簿だけでなく契約書、請求書、領収書などの電子保存が可能となるものだ。2005年に施行されたe-文書法、その要件には「スキャナが必要」「領収書は3万円以内」「改ざん防止の電子署名、タイムスタンプが必要」などの制約も多く、これまでわずか133企業のみでしか利用されていなかったという。 その会計業務における電子保存にいま、にわかに注目が集まっている。2016年1月に「スキャナ保存制度」の要件が緩和され、より簡易な方法でも電子保存が利用できるようになったのだ。


カテゴリ  文書管理 | 複合機 | その他オフィス機器関連


「文書管理・E」に関するニュース



 ソフトバンクは11月17日、Googleのクラウド型グループウェア「G Suite」向けに、セキュリティ強化や利便性の向上を図る機能拡張ソリューション3種の提供を開始した。今回の新ソリューションの1つ目は、送信後のメール管理が可能なセキュリティサービス「Virtru(ヴァーチュル)」だ。Virtruが提供する本サービス…


カテゴリ  メールセキュリティ | 文書管理 | EIP



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「文書管理・ECM」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ