「文書管理 電子 セミナー」から探す!IT製品・セミナー情報

「文書管理 電子 セミナー」 に近い情報
「文書管理 電子」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「文書管理 電子 セミナー」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説文書管理とは?

文書管理ツールとは、文書のライフサイクル(作成/電子化/登録/収集/配布、活用/共有、検索、保管、廃棄)の一元管理を行うことで、重要文書に対する取り扱いの責任と権限を明確にしながら文書情報の活性化を図ることができるツール。社内の各クライアントに点在している文書がデータベースサーバに集められ、見読性、完全性、機密性、検索性という4つの要件を維持しながらライフサイクルに従って管理される。

「文書管理 電子」に関するIT製品情報

電子文書管理システム SFS(Security Filing System)  2014/07/01


立山システム研究所

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 SFSサーバライセンス:120万円(税別)SFSクライアントライセンス:8000円(税別)

カテゴリ  文書管理 |

製品概要  使いやすい操作性、大量の文書にも対応できる高機能の電子文書管理システム。従来の文書管理システムに課題を持つユーザから多数のリプレース実績を持つ。

オススメユーザー  現在導入している文書管理システムに、機能や仕様、パフォーマンス面などでの不満があり、リプレースを検討中の企業。


文書管理システム DocuMaker Office  2017/01/18


ファインデックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  文書管理 | 電子帳票システム | 帳票管理システム | ファイル共有

製品概要  紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。

オススメユーザー  複数の拠点や部署・部門で紙および電子文書を個別管理している企業。


intra-mart 文書管理ソリューション  2016/12/15


エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 intra-mart Accel Documents 〜50ユーザ 80万円よりintra-mart Accel Archiver 〜50ユーザ 60万円より※税別

カテゴリ  文書管理 |

製品概要  文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。電子帳簿保存法にも対応している。

オススメユーザー  業務で発生した文書の保管・再利用にお困りの企業。文書の作成プロセスに課題をお持ちの企業。


パソコン決裁 DocGearCabinet  2014/04/01


シヤチハタ

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本パック(20ユーザライセンス付)80万円(税別)から

カテゴリ  ワークフロー | 電子帳票システム | 会計システム | 文書管理 | データ検索ソフト

製品概要  ワークフローによる承認作業の効率化に加え、文書管理機能により、承認文書を適切に管理できるソフトウェア。電子文書に捺印できる「パソコン決裁」も利用可能。

オススメユーザー  ワークフロー未導入であったり、利用しているワークフローの稼働率が低い企業。


電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear  2017/03/27


シヤチハタ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 DocGear:35万円〜(税別)

カテゴリ  ワークフロー | 暗号化

製品概要  承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。

オススメユーザー  ・既存のOffice文書(Word、Excel)をワークフローで活用したい企業・ISO書類などの文書管理を低コストで行いたい企業


「文書管理 電子」に関する特集



電子文書の管理を怠っている企業は、情報漏洩など様々なリスクを抱えることになります。こうした課題に有効な文書管理ツールをご紹介します!


カテゴリ  文書管理 |




税務関係書類のスキャナ保存要件が緩和された。今後、領収書や請求書の電子文書化を考える企業が増えてくるだろう。製品選びで押さえておくべきポイントは何か?


カテゴリ  文書管理 |




法定保存文書の電子文書化が認められたe-文書法施行から約10年。だが、領収書などのスキャナ保存を申請した企業はごく少数。厳しい規制を設けていた電子帳簿保存法の改正で規制が緩和された。何がどう変わったのか?


カテゴリ  文書管理 |


「文書管理 電子」に関するニュース



 TPホールディングスは、電子帳簿保存法に基づく国税関係書類の電子化を効率化するソフトウェア「TPオーサリング for Scan」の出荷を12月下旬に開始する。本製品は、リコーのカラー複合機「RICOH MP Cシリーズ」や文書管理システム「Ridoc Smart Navigator V2」などと組み合わせて使用することで、国税関係書類を電…


カテゴリ  文書管理 | 会計システム




 インテリジェントウィルパワー(TIWC)は、SaaS型のペーパーレス化プラットフォーム「TIWC VDR」の電子契約機能を強化し、提供を2月に開始する。本サービスの電子契約機能では、印紙税の節約に加え、法務関連業務の効率化や内部統制・コンプライアンスの強化も図れる。また、電子証明書を用いた電子署名方式で契約…


カテゴリ  文書管理 | その他基幹系システム関連




 システムイン国際は、工事などの電子納品成果物を作成する「電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.15」の提供を開始した。価格は4万6000円(税別)。今回のバージョンでは、2017年4月1日から適用となる地質・土質調査の各基準「国土交通省 地質・土質調査成果電子納品要領 平成28年10月」「電子納品運用ガイ…


カテゴリ  特定業種向けシステム | 文書管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「文書管理 電子 セミナー」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ