「文書管理 簡易 OSS」から探す!IT製品・セミナー情報

「文書管理 簡易 OSS」 に近い情報
「文書管理 簡易」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「文書管理 簡易 OSS」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説文書管理とは?

文書管理ツールとは、文書のライフサイクル(作成/電子化/登録/収集/配布、活用/共有、検索、保管、廃棄)の一元管理を行うことで、重要文書に対する取り扱いの責任と権限を明確にしながら文書情報の活性化を図ることができるツール。社内の各クライアントに点在している文書がデータベースサーバに集められ、見読性、完全性、機密性、検索性という4つの要件を維持しながらライフサイクルに従って管理される。

「文書管理 簡易」に関するIT製品情報

Hi-PerBT Advanced 図面管理  2013/02/01


日立ソリューションズ西日本

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 300万円〜(税別)

カテゴリ  文書管理 | ワークフロー | ナレッジマネジメント | データ検索ソフト | 認証 | 統合ログ管理

製品概要  電子化された紙図面、CADデータ、関連文書を一元管理し、ペーパーレスな設計業務環境を実現する。利用権限設定機能、簡易ワークフロー機能、配付機能なども備える。

オススメユーザー  紙図面、CADデータ、関連文書を一元管理したい製造業。設計から照査・承認、検索・閲覧・出力までを効率化したい製造業。


「文書管理 簡易」に関する特集



 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件をまとめたもので、会計帳簿だけでなく契約書、請求書、領収書などの電子保存が可能となるものだ。2005年に施行されたe-文書法、その要件には「スキャナが必要」「領収書は3万円以内」「改ざん防止の電子署名、タイムスタンプが必要」などの制約も多く、これまでわずか133企業のみでしか利用されていなかったという。 その会計業務における電子保存にいま、にわかに注目が集まっている。2016年1月に「スキャナ保存制度」の要件が緩和され、より簡易な方法でも電子保存が利用できるようになったのだ。


カテゴリ  文書管理 | 複合機 | その他オフィス機器関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「文書管理 簡易 OSS」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ