「文書情報マネージャー 認定セミナー 難易度」から探す!IT製品・セミナー情報

「文書情報マネージャー 認定セミナー 難易度」 に近い情報
「難易度」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「文書情報マネージャー 認定セミナー 難易度」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「難易度」に関する特集



 企業や組織において、所有する情報、特に電子ファイルとして所有する情報は、年々増え続けるばかりである。情報の増加に比例して、それら情報を管理する「手間」や「難易度」が増しているのも事実である。 今回から4回にわたり、組織における情報を「情報資産」と位置づけ、ISMS/ISO27001や法的な観点から、情報資産を管理する上での問題や過去の事例、最低限行うべきポイントについて解説したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 前回のまとめで、セキュアコーディングスキルが上がらない原因が発注者側にも開発会社側にも関係していることを説明したが、ほかにもセキュアコーディングスキルが上がらない原因としていくつか考えられる。例えば、短納期スケジュール設定や工数単価の下落によるプログラマのモチベーション低下、言語やフレームワークが多数あることによるセキュアコーディングの仕様作成の難易度アップが考えられる。また、セキュアコーディング教育を実施している企業が少なくスキルアップがプログラマ任せになっていることも説明した。 また、開発会社自身がセキュアコーディング教育を実践できない状況を作っていることを説明したが、その一例としてC社の事例を挙げてみる。


カテゴリ  その他WEB構築関連 | その他ネットワークセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「文書情報マネージャー 認定セミナー 難易度」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ