「文書作成 OR ワードアートとは -AMAZON」から探す!IT製品・セミナー情報

「文書作成 OR ワードアートとは -AMAZON」 に近い情報
「OR -AMAZON」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「文書作成 OR ワードアートとは -AMAZON」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「OR -AMAZON」に関する特集



 「IT市場は構造変化している」とかなり以前から言われてきました。“クラウドコンピューティング”という言葉が初めて使われたのが2006年ですが、2年後の2008年にはGoogleがApp Engineを発表、AmazonはEC2正式版を発表、MicosoftではWindows Azure発表と各社からクラウドコンピューティングを意識したソリューションが登場しています。また、Salesforceは同年のグッドデザイン賞を受賞しています。わが国のIT企業でも2009年には富士通が仮想化技術に関する国際標準化団体DMTFでリーダーシップボードに就任しました。このような動きはITユーザにとって「情報システムはIT企業に発注して開発するもの」という意識を徐々に変えていくものでした。 そして、2013年現在「IT市場は構造変化してしまった」と過去形で語るべきだと言う方もいます。こうした中、中小IT企業はビジネスモデルを変革する際にどのような選択肢があるのか?その一例として、情報処理推進機構(以降、IPA)IT人材育成本部では、「人材」にフォーカスし、ビジネス変革の契機となるように編纂されたテンプレートを作成しました。本コラムにおいては、このテンプレートを題材に解説していきたいと思います。(テンプレートは下記URLの中段からダウンロードできます)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | システムインテグレーション


「OR -AMAZON」に関するニュース



 アドウェイズは、ECサイト「Amazon.co.jp」の出品者向けデータ分析ツール「Nint for Seller」の提供を開始した。価格は月額5000円から。本ツールでは、売り上げデータや市場分析データを出品者に提供する。データを活用することで、売り上げの拡大が図れる。主な機能は5つ。まず「セラー分析」では、Amazonの受注…


カテゴリ  EC | その他データ分析関連




 インフォサイエンスは10月25日、統合ログ管理システム「Logstorage」で、クラウド基盤「AWS(アマゾン ウェブ サービス)」と連携するためのオプションの新版「Logstorage 連携パック for AWS ver2.1.0」の提供を開始した。データベース「Amazon RDS Aurora」の監査ログの収集・分析機能が追加されている。本シス…


カテゴリ  統合ログ管理 |




 富士ソフトは、AWS(アマゾン ウェブ サービス)の仮想デスクトップ(VDI)サービス「Amazon WorkSpaces」向けのデバイス認証アプリを提供する。VDI環境で利用するPC端末や利用場所を制限できる。本アプリでは、事前に登録したオフィスの固定グローバルIPアドレスからのみAmazon WorkSpacesへアクセス可能にする制…


カテゴリ  VDI | 認証



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「文書作成 OR ワードアートとは -AMAZON」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ