「拡散防止型」から探す!IT製品・セミナー情報

「拡散防止型」 に近い情報
「拡散」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「拡散防止型」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「拡散」に関するIT製品情報

セキュリティスイッチ HanDreamnet SGシリーズ  2015/02/15


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 SG2024G:55万円※税別

カテゴリ  ネットワークスイッチ | IPS

製品概要  既存のL2スイッチ(HUB)と置き換えるだけで、サイバー攻撃をリアルタイムで検知・遮断し、ネットワーク環境を安全に守るセキュリティスイッチ。管理も容易。

オススメユーザー  既存のネットワーク環境を極力変更せず、標的型攻撃やウイルス/ワームの拡散から社内ネットワークを守りたい企業。


ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection  2016/02/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Protection サービス年間利用ライセンス 5000円/台(税別)※最小契約数は100ライセンス

カテゴリ  暗号化 | 認証 | DLP

製品概要  ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

オススメユーザー  顧客や取引先に渡した情報も閲覧停止することで、情報を「放さない」情報漏洩対策を行いたい企業担当者。


内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」  2016/05/09


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 100万円〜(税別)

カテゴリ  統合ログ管理 | その他ネットワークセキュリティ関連 | フォレンジック | サーバー管理

製品概要  ・ファイルサーバのアクセスログを生成する・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

オススメユーザー  ・情報漏洩対策をしたい企業・サイバー攻撃対策をしたい企業・SIEMなどによる統合監視を検討されている企業


TiFRONT‐セキュリティスイッチ  2016/10/15


パイオリンク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  ネットワークスイッチ | IDS | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  脅威や拡散を防止し、社内ネットワークの”見える化”を実現できるセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチやフロアスイッチを置き換えるだけで導入が可能。

オススメユーザー  有線、無線を問わず、内部対策を取れていない企業Windows XPが社内に残っている企業社内ネットワークの状況を見える化したい企業


「拡散」に関するセミナー情報

カスペルスキー 未知の脅威対策セミナー 締切間近

Kaspersky Labs Japan


開催日

 11月10日(木),12月9日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  アンチウイルス |

概要  セキュリティホールをなくせ! パッチマネジメントで行う未知の脅威対策現在、ランサムウェアは日本でも拡散が続き、被害に遭われている企業や団体が多くなっています。被…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|営業・販売


「拡散」に関する特集



 「くまモン」誕生から、ゆるキャラ王者になるまでの成長記録は以下の通りです。時系列でみても、物語性があり、話題拡散の段…


カテゴリ   |




メッセンジャーは便利なコミュニケーションツール。ところが、IMで拡散するワームが増加中!知人からのメッセージも要注意!


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 最近報告された不正プログラムは、その使用目的に基づいて大きく2種類に分類できる。1つ目はコンピュータ・ネットワークに侵入し、拡散することを主な目的とした「侵入/拡散フェーズ」に使用される不正プログラム、2つ目は実際の「攻撃フェーズ」に使用される不正プログラムだ。もちろんこれら2つのフェーズに1つの不正プログラムが使用されるケースは存在するが、以前と比較して多機能型不正プログラム(侵入、拡散、攻撃をすべて実施するもの)の割合は減少傾向にある。これはウイルス作者が、各ウイルス対策ベンダのパターンファイル(定義ファイル)のリリース周期の短縮化に対抗するため、不正プログラムのモジュール化(単機能化)、量産化を進めた結果ともいえる。その結果、パターンファイルのリリースと新しい不正プログラム出現のいたちごっことなり、従来のウイルス対策だけでは感染被害を食い止めることが難しい状況になってきているのだ。


カテゴリ  アンチウイルス |


「拡散」に関するニュース



 株式会社日立製作所(日立)は、情報システム内で標的型サイバー攻撃の拡散を検知するソリューションの提供を6月30日に開始する。今回提供されるソリューションは、情報システムに侵入したマルウェアの標的型サイバー攻撃を自動で検知する。攻撃者のマルウェアが起こす“不審なふるまい”と、端末やサーバー装置を…


カテゴリ  IPS | アンチウイルス




 スキルアップ・ビデオテクノロジーズ(SUVT)は、撮影中の映像をリアルタイムに配信するライブ映像の拡散ソリューション「ULIZA Live Spread」のサービス提供を開始した。ULIZA Live Spreadは、提携メディア500媒体以上の配信先にライブ映像を一斉に同時配信できるソリューションで、多くのインターネット利用者が…


カテゴリ  ストリーミング | その他情報システム関連




 Ve Japanは、コンバージョン改善ソリューション「VePanel」に、ソーシャルネットワーク(SNS)への共有・拡散機能「ソーシャルシェアリング」を追加した。VePanelは、サイト利用者が離脱しようとする際にパネルをスライド表示し、継続滞在とコンバージョンを促進するサービス。パネル内には利用者の行動・傾向に合…


カテゴリ  EC | CGM


その他キーワード

製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「拡散防止型」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ