「抱える」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「抱える」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「抱える」に関する記事情報

営業部門の業務課題とIT活用(2018年)/前編

キーマンズネットは2018年10月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。それによると、現在営業部門が抱える課題は営業部門の「中」ではない領域にあることが明らかになった。今後のITツール導入意向と併せて見ていく。

業務効率を落とすことなく情報漏えい対策を徹底する方法とは

「情報管理の対策はやっている」が、それでも「情報漏えいを前提とした対策が不十分」という課題を抱える企業は多い。ユーザーの業務効率を落とさずに打てる対策はないだろうか。

「固定電話も、ムダ残業もやめた」徹底した"富士通流"働き方改革

全世界に16万人の従業員を抱える富士通。全社的な働き方を見直し、改善するのは容易ではない。そこで考えた富士通ならではの取り組みとは。

約7000人の従業員に活用を促した、電通のRPA導入成功の鍵

全社約7000人の従業員を抱える電通では、全社を対象とした大規模導入を行い、約600もの業務へのRPA大規模適用させ、継続的な効果を創出している。同社の大規模導入の手法、スケールのポイントは?

基幹系システムの利用状況(2018年)/後編

キーマンズネット会員239人を対象にアンケート調査を実施した。基幹系システムを利用しない理由や今後期待する機能など基幹系システムが抱える問題点が明らかになった。

短期間でのシステム再構築、IT部門の汗と涙の6カ月間

オフィス業務を支えるシステム基盤が年内で使用できなくなる。頭を抱えるような問題にぶつかった昭和シェル石油は、約6カ月という短期間で社内のシステム基盤を再構築し、“最新ピッカピカ”の状態へと刷新した。

営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)/後編

キーマンズネット会員195人にアンケート調査を実施した。営業部門のワークスタイル変革への取り組み状況など実態が明らかになった。

営業部門が抱える課題とITの活用状況(2017年)/前編

キーマンズネット会員195人にアンケート調査を実施した。営業力を強化する上で抱える課題や営業部門独自のIT予算の有無など実態が明らかになった。

クラウドカメラが窃盗の瞬間をとらえた、工事現場が抱える課題を大幅改善

建設現場の人手不足が騒がれているが、実はもう1つ大きな課題がある――資材や工具の盗難だ。中堅ゼネコンの今西組はあるITを導入したことで、犯罪の瞬間を捕えることに成功した。そのリアルな様子を紹介しよう。

デスクトップ仮想化の導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員374人を対象にアンケート調査を実施した。デスクトップ仮想化を導入した企業が抱える課題が明らかになった。

「抱える」に関するIT製品情報

顧客情報を有効活用するためにROBOT PAYMENTが頼った名刺管理とは

株式会社サンブリッジ

Webだけでなく営業活動でもシステム化を進む中、ビジネス効率化・成長は多くの企業が抱える課題だ。しかし現実には顧客情報の管理ができず営業機会を逸している企業が散見される。その解決の秘訣は名刺情報を正確に取り込むことにあった。

ただの「顧客リスト化」している名刺データ、成功する企業はこれをどう使う?

株式会社サンブリッジ

名刺管理サービスを導入したはいいが、データ管理で課題を抱える企業は多い。手に入れた名刺情報をいかに活用するかが、営業効率を向上するための重要な分岐点となる。

コールセンターのオールインワンパッケージ「AmeyoJ」とは?

株式会社アイ・ピー・エス

通信コストが高い、顧客満足度が上がらない、運用効率が悪いなど、コールセンターの悩みを持つ企業も多いのではないだろうか。企業が抱えるコールセンターの課題を解決するオールインワンパッケージ「AmeyoJ」とは、どのようなサービスなのか?

大規模環境でのエンドポイント防御の課題、ビッグデータ処理を効率化する方法は

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

膨大なデータを抱える大規模環境では、エンドポイント防御における分析の非効率さがしばしば課題となる。Fortune 500の1つとして知られる銀行の事例を基に、対策の強化と悪意のあるアクティビティーの可視化におけるポイントを紹介する。

クラウドセキュリティはなぜ難しい? 安全な移行のために必要な5つの検討事項

株式会社シマンテック

ワークロード環境のクラウド移行が加速する一方、セキュリティの複雑さに頭を抱える企業は少なくない。プロバイダー環境の可視性やセキュリティツール、制御の互換性といった課題を踏まえ、クラウドセキュリティの最適解を探る。

「抱える」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。