「技術開発 歴史から学ぶ」から探す!IT製品・セミナー情報

「技術開発 歴史から学ぶ」 に近い情報
「技術開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「技術開発 歴史から学ぶ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「技術開発」に関する特集



「京」が目指したゴールとは?驚異的な性能を実現した技術開発の裏側とは?開発に携わった富士通の安島雄一郎氏にお話を伺った。


カテゴリ  その他サーバー関連 |




 2016年6月21日から23日、東京ビッグサイトにて世界最大級の“ものづくり”専門展「日本ものづくりワールド」を開催。設計・製造、機械要素技術、医療機器、3D&バーチャルリアリティというテーマを掲げた4つの展示会で構成され、世界中から出展社が集まり、多くの来場者で賑わった。 同時開催された“ものづくりワールド セミナー”の基調講演では、日本の製造業の雄である本田技術研究所から、四輪R&Dセンター 執行役員を務める板井義春氏が登壇し、「ないモノをつくる 〜ホンダのモノづくりへの取り組み〜」と題して、国内外での開発現場での取り組みや新技術開発などをとりあげ、創始者・本田宗一郎氏の志を受け継いだ同社のものづくりについて熱く語った。


カテゴリ  その他開発関連 |




 「Automotive World 2017」1月18日〜20日までの3日間、東ビッグサイトで開催された。「カーエレクトロニクス技術展(CAR-ELE JAPAN)」「EV・HEV駆動システム技術展(EV JAPAN)」クルマの軽量化技術展(Weight Reduction Expo)」「コネクティッド・カーEXPO(Connected Car JAPAN)」「自動車部品/加工EXPO(カーメカJAPAN)」といった5つの分野の技術展が開かれ、961社が参加した大規模イベントだ。 今回も多くの技術開発の進化を見ることができた。素材に関しては軽量化研究開発のレベルがかなり円熟していたし、車体だけでなく、各種部品の軽量化の試みも目覚ましい発展をとげており、技術者のこれまでの研究、開発努力に拍手を送らざるをえない状況であった。 その中でも最も大きな変化があったのは、やはりITだった。何だかちょっと縁の遠いもののように感じていた「コネクティッド・カー(Connected Car)」という言葉も今は身近になってきた。現在生産されている自動車一台に入るプログラミングコードは、私たちがよく使っているPC運営体制(OS、Operating System)のコードよりはるかに多く、またそれはどんどん多くなっている。自動車はもはや完全なITデバイスといっていいだろう。「コネクティッド・カー」とは、そのITデバイスがお互いにつながり、そしてインフラとつながる。これはもう未来のことではない。  他にも面白いと思ったのは、今までのイベントに比べて、来場者が質問を活発にしていたことだ。出展者側が客引きを派手に行う様子より、来場者が自発的にブースを訪れて質問している様子がとても多く見られた。自動車への高い関心がうかがえる。そこで今回は、3つの質問とそれに対する答えを通じて、自動車セキュリティ、ひいてはIoTセキュリティ最も根本的で源泉的な疑問を解消してみよう。


カテゴリ  認証 | IPS | ファイアウォール | フィルタリング


「技術開発」に関するニュース



 オロは、クラウドERP「ZAC Enterprise」が、東京アールアンドデーの基幹業務システムとして採用されたと発表した。東京アールアンドデーは、電気自動車などの要素技術開発や、デザイン開発、部品開発、素材開発などの自動車開発分野で研究開発を行っている。同社では、経営データをタイムリーに可視化し、多角的な…


カテゴリ  ERP | その他基幹系システム関連




 情報技術開発(tdi)は、大量のテキスト情報を分析できる日本IBMの「IBM Watson Explorer Analytical Components」(WEX)の環境をクラウドで提供する「おてがるデータ分析環境サービス」の提供を11月に開始する。WEXは、企業内の構造化されたデータに加え、大量の文書やメール、SNSのテキスト、ログ、グループウ…


カテゴリ  データ分析ソリューション | IaaS/PaaS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「技術開発 歴史から学ぶ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ