「情報資産の分類」から探す!IT製品・セミナー情報

「情報資産の分類」 に近い情報
「情報資産の」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報資産の分類」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「情報資産の」に関するIT製品情報

Acronis Backup  2016/10/15


アクロニス・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 サーバ用製品 1ライセンス5万8800円(税別)〜ワークステーション(クライアントPC)用製品 1ライセンス 9600円(税別)〜

カテゴリ  バックアップツール | その他仮想化関連

製品概要  ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。

オススメユーザー  サーバやPCのトラブル時に短時間での確実な復旧、及び情報資産の保全を求めるユーザ。


「情報資産の」に関する特集



 前回までの説明で、情報資産の重要度の識別と、重要な情報資産の所在の管理、特に不正競争防止法に基づく営業秘密の管理の重要性は理解いただけたと思う。 今回は、その「重要度の識別」およびその「所在の管理」に関して、前者については筆者が実際に企業から聞いた現状を、後者についてはISMS/ISO27001を実際に取得している、もしくは取得検討中である企業の声を例にとり、企業としてどう対策をとるべきかについて説明したい。


カテゴリ  文書管理 |




 前回説明した、企業における「機密情報・重要情報の情報資産の識別に関するルールの有無と遵守」について、もっとも関係している法律ともいえる、「不正競争防止法」について、企業が守らなければならないポイントを、実際の判例を用いて説明する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 企業や組織において、所有する情報、特に電子ファイルとして所有する情報は、年々増え続けるばかりである。情報の増加に比例して、それら情報を管理する「手間」や「難易度」が増しているのも事実である。 今回から4回にわたり、組織における情報を「情報資産」と位置づけ、ISMS/ISO27001や法的な観点から、情報資産を管理する上での問題や過去の事例、最低限行うべきポイントについて解説したい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「情報資産の分類」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ