「情報漏えい 製品比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「情報漏えい 製品比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報漏えい 製品比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「情報漏えい 製品比較」に関するIT製品情報

Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME  2017/11/01


AllthatSoft Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1core:40万円(税別)※DBMS Server CPUのコア単位課金

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。

オススメユーザー  少ない投資で効果的にDBからの情報漏えい対策を行いたい企業。パフォーマンスに影響しない暗号化製品を探している企業。


IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat  2017/06/15


エムオーテックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 パック1000(ログ・資産・Webアクセス制御・デバイス制御)10ライセンス:39万6000円(税別、保守費別)〜※詳細は要問い合わせ

カテゴリ  IT資産管理 | DLP | 統合運用管理

製品概要  IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。

オススメユーザー  マルウェア対策、内部情報漏えい対策、IT資産管理を検討している企業。


ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」  2017/06/01


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 100人規模の企業:約95万円〜100〜500人規模の企業:約300万円〜※税別

カテゴリ  フォレンジック | IPS | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他ネットワーク関連

製品概要  社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。

オススメユーザー  社外への情報持ち出しや情報漏えいなどを防ぎ、強固なセキュリティとガバナンスを実現したい企業。


誤送信防止ソリューション「MAILSCREEN」  2012/11/01


トライポッドワークス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  メールアーカイブ | ファイアウォール | 暗号化 | アンチウイルス | メールセキュリティ | 統合運用管理

製品概要  送信メールによる情報漏えいを防ぐ様々な機能を装備。誤送信対策から添付ファイルのセキュリティ、Gmail対応など多彩な機能を備えたメールセキュリティソリューション。

オススメユーザー  電子メールの誤送信対策を安価に実施したい企業やアーカイブを実施したい企業。


データ損失防止ソリューション『RSA Data Loss Prevention』  2013/07/16


EMCジャパン

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  DLP | ワークフロー | データ分析ソリューション | データセンター運用 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  ITインフラを横断的に監視し、重要データの流出を阻止する。タイムリーに保護すべき重要データを発見、適切にコントロールすることで、漏えいによるビジネスリスクを低減。

オススメユーザー  ■総合的な情報漏えい対策を考えている、 または情報保護意識の高い企業 ■エンドポイント偏重の対策では不十分だと感じている企業


「情報漏えい 製品比較」に関するセミナー情報

これからのセキュリティ人材育成

トレノケート


開催日

 12月12日(火)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

概要  標的型攻撃、ランサムウェア、情報漏えい・・・。どれも企業にとっては頭の痛い問題です。少し早いですが、本セミナーでは2017年を振り返り、来年に向けてセキュリティ…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


知らないと危ない!内部に潜むサイバー脅威とは?

マクニカネットワークス


開催日

 12月1日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

概要  昨今、データベースやファイルサーバを取り巻く情報漏えいリスクが増加の一途を辿る中、潜在する「内部不正」への対策は、企業にとって本腰を入れて取り組むのが難しい課題…

オススメユーザー  経営者CIO|システムの設計・運用|情報システム部の統括


製造業の事例に学ぶ やりすぎないセキュリティ対策セミナー

京セラコミュニケーションシステム/ダークトレース・ジャパン


開催日

 11月29日(水)

開催地 大阪府   参加費 無料


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 検疫 | セキュリティ診断

概要  市場の変化が進む中、近年では経営に大きな影響を与えるサイバーセキュリティ事故が多発しています。また、外部からの攻撃や内部からの情報漏えいなど、セキュリティ対策が…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO


インシデント発生に備えるデジタル・フォレンジック 締切間近

テリロジーワークス


開催日

 11月28日(火)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  フォレンジック | その他ネットワークセキュリティ関連

概要  サイバーセキュリティへの対策が叫ばれる中、マルウェア・ランサムウェアに感染する企業や内部不正による情報漏えい等のニュースを多く目にします。企業は完全なセキュリテ…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|ネットワークの設計・運用


「情報漏えい 製品比較」に関する特集



情報漏えい対策において、従業員による内部不正を無視することはできない。重要度の高い情報が流出する可能性が高いからだ。


カテゴリ  DLP |




JTB(ジェイティービー)から約793万人の個人情報の流出が疑われる事故が発生した。事故の経緯はこうである。


カテゴリ  暗号化 |




 過去に発生した情報漏えい事件の要因を探っていくと、大きく分けて2つのグループに分類されます。1つは、第2回において解説した従業員や関係者による内部からの情報漏えい、そしてもう1つが、悪意を持った外部犯による特定組織を狙った情報詐取、いわゆる「標的型サイバー攻撃」と呼ばれるものです。 第3回となる本稿では、「外部からの不正アクセスによる情報漏えい対策」という視点から、この標的型サイバー攻撃に注目し、マイナンバーの漏えいするリスクとそれを防ぐ対策について説明します。


カテゴリ  ファイルサーバ | Webアプリケーションサーバ


「情報漏えい 製品比較」に関するニュース



 アイマトリックスは、情報漏えい対策製品「マトリックスゲートAI」の出荷を2018年度第1四半期に開始する予定だ。本製品では、人間が気づきにくい情報漏えいにつながる“兆し”を検知するために、AI(人工知能)やディープラーニング(深層学習)の技術を用いている。膨大なデータの中から着眼点をAIが自身で見つけ…


カテゴリ  DLP | その他データ分析関連




 ZenmuTechは、PCの盗難/紛失時の情報漏えいを防ぐ「ZENMU for PC」の新バージョン(3.2)を6月1日に発売する。本製品では、情報を意味のないデータに変換して分割(無意味化)した上で、分散片をPC内のストレージとUSBメモリ/iPhoneなどの外部ストレージに物理的に分散保管することで、PCの盗難/紛失時にも情…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 ディー・オー・エス(DOS)とエルテスは提携し、ログの取得と分析を一体化した情報漏えい対策ソリューション「SS1 Risk Analyzer」の提供を8月9日に開始した。SS1 Risk Analyzerでは、ログの取得と分析によって不審な操作ログを行動パターンから発見し、退職時の情報持ち出しや、権限外社員による機密文書の探索…


カテゴリ  DLP | 統合ログ管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「情報漏えい 製品比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ