「情報漏えい 暗号化 必要性」から探す!IT製品・セミナー情報

「情報漏えい 暗号化 必要性」 に近い情報
「情報漏えい 暗号化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報漏えい 暗号化 必要性」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「情報漏えい 暗号化」に関するIT製品情報

Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME  2016/11/01


セキュア・ディー・ビー・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1core:40万円(税別)※DBMS Server CPUのコア単位課金

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。

オススメユーザー  少ない投資で効果的にDBからの情報漏えい対策を行いたい企業。パフォーマンスに影響しない暗号化製品を探している企業。


誤送信防止ソリューション「MAILSCREEN」  2012/11/01


トライポッドワークス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  メールアーカイブ | ファイアウォール | 暗号化 | アンチウイルス | メールセキュリティ | 統合運用管理

製品概要  送信メールによる情報漏えいを防ぐ様々な機能を装備。誤送信対策から添付ファイルのセキュリティ、Gmail対応など多彩な機能を備えたメールセキュリティソリューション。

オススメユーザー  電子メールの誤送信対策を安価に実施したい企業やアーカイブを実施したい企業。


「情報漏えい 暗号化」に関するニュース



 テリロジーは、暗号化通信により外部からの不正なアクセスや情報漏えいを防ぐTempered Networksのスイッチ製品群を11月15日に発売する。本製品群では、既存のIPネットワークインフラを変更せずに他のネットワークから隔離・隠蔽できるネットワークセキュリティプロトコル「HIP(Host Identity Protocol)」を用い…


カテゴリ  暗号化 | ネットワークスイッチ




 富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は、ゲートウェイ型メール誤送信対策ソフトウェア「FENCE-Mail」に無害化機能を追加した新バージョンを10月1日に発売する。FENCE-Mailでは、送信されたメールの監査と暗号化を行うことで情報漏えいの防止を図る。今回、各自治体の情報セキュリティ対策として、自治体情報シス…


カテゴリ  メールセキュリティ | アンチウイルス




 エレコムは、情報漏えい対策やウイルス対策に適したセキュリティUSBメモリ3製品に64GB/128GBモデルを追加し、10月下旬に発売する。3製品のうちウイルス対策機能を持つ2製品は、「MF-PUVT3xxGA(M)」シリーズがトレンドマイクロ製「TMUSB2.1」を、「HUD-PUVM3xxGA(M)」シリーズがマカフィー製ウイルススキャンエ…


カテゴリ  アンチウイルス | メモリ | 暗号化 | 認証



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「情報漏えい 暗号化 必要性」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ