「情報持ち出し 弁護士」から探す!IT製品・セミナー情報

「情報持ち出し 弁護士」 に近い情報
「情報持ち出し」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報持ち出し 弁護士」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「情報持ち出し」に関するIT製品情報

ネットワーク監視システム 「PacketBlackHole」  2017/06/01


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 100人規模の企業:約95万円〜100〜500人規模の企業:約300万円〜※税別

カテゴリ  フォレンジック | IPS | その他ネットワークセキュリティ関連 | その他ネットワーク関連

製品概要  社内・社外へ流れる通信データを取得・保存し、その中身の解析・再現。情報漏えいの抑止と事件発生時の迅速な証拠発見を可能にする。

オススメユーザー  社外への情報持ち出しや情報漏えいなどを防ぎ、強固なセキュリティとガバナンスを実現したい企業。


「情報持ち出し」に関する特集



情報漏洩から企業を守るDLPツール。運用管理に膨大な負荷がかかっていた昔とは違い、現実的な運用を前提にした機能が装備されています。情報持ち出しの監視で退職社員の予測まで可能に?DLPツールのイマを徹底解説!


カテゴリ  DLP |




 前々回・前回と、情報漏洩の原因の大部分を占める「内部からの情報持ち出し」に対して効果を発揮する注目のソリューションとして、「DLP」とその他の情報漏洩対策について説明してきた。DLPでは文書の中身、つまりコンテンツを照合し、それが指定されている機密文書に当たるか否かを識別する。さらに、その機密情報に誰がアクセスできるのか、誰が扱えるかということも同時にシステムとして管理する。つまり、DLPを導入するということは、本来企業が行うべき機密情報取扱い基準を明確化し、システムによる運用を実現させるということなのだ。DLPを導入・運用することで、企業の情報セキュリティポリシーを見直し、定着させることが可能になる。


カテゴリ  DLP |


「情報持ち出し」に関するニュース



 NTTテクノクロスは10月12日、クラウドサービスからの不正な情報持ち出しを防ぐCASB(Cloud Access Security Broker)サービス「TrustBind/Cloud Daemon」を発売した。本サービスは、クラウドサービス利用者のアクセスをリアルタイムに監視。大量ファイルのアップロードやダウンロードといった不適切な行動を検知し…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他データセンター関連




 ディー・オー・エス(DOS)とエルテスは提携し、ログの取得と分析を一体化した情報漏えい対策ソリューション「SS1 Risk Analyzer」の提供を8月9日に開始した。SS1 Risk Analyzerでは、ログの取得と分析によって不審な操作ログを行動パターンから発見し、退職時の情報持ち出しや、権限外社員による機密文書の探索…


カテゴリ  DLP | 統合ログ管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「情報持ち出し 弁護士」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ