「情報共有システムの導入」から探す!IT製品・セミナー情報

「情報共有システムの導入」 に近い情報
「情報共有システムの」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報共有システムの導入」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説情報共有システムとは?

情報共有システム・コミニュケーションツールとはその名の通り、企業内あるいは顧客企業や協力会社との間で、様々な情報や業務ファイルを共有したり、よりスムーズな情報流通を図ってコミュニケーションの円滑化を実現したりするためのシステムやツールのこと。具体的には、企業内に散在するアプリケーションや情報資産に対して容易にアクセスするために、シングルサインオン機能や個人ごとにパーソナライズする機能を提供する「EIP(企業情報ポータル)」、複数の利用者がネットワークとコンピュータを利用して、オフィス内の情報を公開/共有/活用するための「グループウェア」、遠隔地にいるユーザ同士でビデオモニタを介した会議を実現するための「ビデオ会議」、企業内あるいは個々のエンドユーザが保有する様々な業務ファイルを社内もしくはグループ企業、さらには顧客企業や協力会社と共有する「ファイル共有」の仕組みなどが挙げられる。

「情報共有システムの」に関する特集



 「イノベーション」という言葉が注目されている。 このコラムでは、「イノベーション」というトピックに注目して、イノベーションを活性化させるための手段としてのIT活用、特に情報共有システムの視点から考えていきたいと思う。


カテゴリ  社内SNS | グループウェア


「情報共有システムの」に関するニュース



 住友電工情報システム株式会社(SEI)は、文書管理・情報共有システムの新版「楽々Document Plus Ver.4.1」を発売した。パッケージライセンス価格は150万円から。「楽々Document Plus」は、複数のファイルを1つの“文書(ドキュメント)”に添付し、“フォルダ”に保管できる文書管理・情報共有システムで、日付や…


カテゴリ  文書管理 | その他運用管理関連




 住友電工情報システムは、文書管理・情報共有システムの新版で、契約書管理で求められる契約期限の自動更新や複数期限の設定に対応し、文書の自動廃棄機能と全文検索の属性絞り込み機能も追加した「楽々Document Plus Ver.4.2」を10月に発売する。楽々Document Plusでは、複数のファイルを1つの「文書(ドキュメン…


カテゴリ  文書管理 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「情報共有システムの導入」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ