「情報システム部門の役割」から探す!IT製品・セミナー情報

「情報システム部門の役割」 に近い情報
「情報システム部門の」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報システム部門の役割」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説情報システムとは?

情報系システムとは、企業が利用する各種情報システムの中で、ビジネス活動の様々な場面における情報を管理し、意思決定を支援するためのシステム群のこと。具体的には、顧客との良好な関係を強化/維持していくためのプロセスを管理するための「CRM(Customer Relationship Management)」や、営業現場の担当者の活動を効率化するとともに、現場の業務から入手できる様々な情報を吸い上げて活用できるようにする「SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)」、あるいはコールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用される「CTI(Computer Telephony Integration)」などが挙げられる。これら情報系システムに対し、企業活動を遂行する上で必要不可欠となる情報システム群は、基幹系システムと呼ばれる。

「情報システム部門の」に関するセミナー情報

「攻めの情報システム部門」とは?

ノーチラス・テクノロジーズ/バリスティック・ビジネス・テクノロジーズ/協力:オープンソース活用研究所


開催日

 12月9日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  ビッグデータ | データ分析ソリューション | 運用系業務アウトソーシング

概要  【「攻めの情報システム部門」とは何なのか?】そもそも「攻めの情報システム部門」とは何でしょうか?ある大手企業のCIOは以下のように述べています。「業務の効率化や…

オススメユーザー  システムの設計・運用|情報システム部の統括


「情報システム部門の」に関する特集



サーバーの停止は業務の停止。業務の停止は企業活動の停止に繋がります。それを事前に防ぐ「サーバー監視ツール」に今注目が集まっています。情報システム部門の重要な業務、サーバーの安定稼働を助けてくれるサーバー監視ツールの基礎を、詳しく解説します。


カテゴリ  統合運用管理 |




仮想化環境やクラウド環境など、ますます複雑化する企業システム。情報システム部門の人員削減も受け、簡単な操作性も求められる中、最近ではパブリッククラウド環境を監視できるツールも登場しています。必見!


カテゴリ  統合運用管理 |




 もともと私は情報システム部門の出身ですが、教育部門で同じ職場に在籍していた一色正彦(注1)氏から「交渉学」の指導を受けて、システム開発において「交渉」の知識が大変重要であると痛感しました。数多くのシステム構築を手がけて、仕事には自信を持っていた私ですが「交渉」の知識があれば、もっと良い形で仕事ができたはずだと内省したのです。 勉強を続けるにあたり、この「交渉学」がビジネスだけでなく、社会のあらゆる場面で有効な知識だということに気づきました。それを少しでも多くの方に理解してもらうため、私はその後「交渉学」の講師となりました。これまでに、のべ2000人以上が当社の講座を受講し、受講後の満足度は99.8%と高い評価を頂戴しています。 「交渉学」は、情報システム部門をはじめ、営業部門、調達部門、製造部門などで業務を問わず、複数の人とビジネスを行う担当者には大変有効なスキルです。つまり「交渉学」はあらゆる仕事において学んでおくべき理論と言えるでしょう。 「交渉学」というあまり聞き慣れないキーワードかと思いますが、是非本コラムでご関心を持っていただけると幸いです。


カテゴリ   |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「情報システム部門の役割」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ