「情報システム部門 役割」から探す!IT製品・セミナー情報

「情報システム部門 役割」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報システム部門 役割」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説情報システムとは?

情報系システムとは、企業が利用する各種情報システムの中で、ビジネス活動の様々な場面における情報を管理し、意思決定を支援するためのシステム群のこと。具体的には、顧客との良好な関係を強化/維持していくためのプロセスを管理するための「CRM(Customer Relationship Management)」や、営業現場の担当者の活動を効率化するとともに、現場の業務から入手できる様々な情報を吸い上げて活用できるようにする「SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)」、あるいはコールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用される「CTI(Computer Telephony Integration)」などが挙げられる。これら情報系システムに対し、企業活動を遂行する上で必要不可欠となる情報システム群は、基幹系システムと呼ばれる。

「情報システム部門 役割」に関する特集



 前回の記事では、日本における最近のIFRS動向について確認し、IFRSがスタンダードになりつつある状況について解説した。今回は、IFRSが情報システムに与える影響について検討し、IFRS時代において情報システム部門が果たすべき役割を考察したい。


カテゴリ  会計システム |




変化の激しい経済情勢の中で困難な舵取りが求められる製造業。そんな製造業において情報システム部門が果たすべき役割とは?


カテゴリ  SCM |




 日本においてIFRSの任意適用がスタートして久しい。当初は多くの企業が様子見の状態であったが、最近IFRSの任意適用企業数が急増している。そして、その適用目的として「グローバル経営管理」がキーワードとなっている。 本稿では、来たるIFRS時代における「グローバル経営管理」のため、情報システム部門が果たすべく役割について考察したい。


カテゴリ  ERP |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「情報システム部門 役割」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ