「情報システム リフォーム 運用 アウトソーシング」から探す!IT製品・セミナー情報

「情報システム リフォーム 運用 アウトソーシング」 に近い情報
「情報システム 運用 アウトソーシング」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「情報システム リフォーム 運用 アウトソーシング」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説情報システムとは?

情報系システムとは、企業が利用する各種情報システムの中で、ビジネス活動の様々な場面における情報を管理し、意思決定を支援するためのシステム群のこと。具体的には、顧客との良好な関係を強化/維持していくためのプロセスを管理するための「CRM(Customer Relationship Management)」や、営業現場の担当者の活動を効率化するとともに、現場の業務から入手できる様々な情報を吸い上げて活用できるようにする「SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)」、あるいはコールセンタやヘルプデスクなど、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用される「CTI(Computer Telephony Integration)」などが挙げられる。これら情報系システムに対し、企業活動を遂行する上で必要不可欠となる情報システム群は、基幹系システムと呼ばれる。

「情報システム 運用 アウトソーシング」に関するセミナー情報

ITサービスマネジメントプラクティショナ研修

IT&ストラテジーコンサルティング


開催日

 10月26日(木)〜10月27日(金),11月28日(火)〜11月29日(水)

開催地 東京都   参加費 12万9600円(書籍・試験受験料・税込)


カテゴリ  統合運用管理 | 運用系業務アウトソーシング | DevOps

概要   本研修は、ITILファンデーション(V3)認定資格をお持ちの方を対象として、ITサービスマネジメントのベストプラクティス「ITIL」を実践で活用するノウハウを…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|システムの設計・運用


ITサービスマネジメントプラクティショナ研修

IT&ストラテジーコンサルティング


開催日

 12月20日(水)〜12月21日(木),1月24日(水)〜1月25日(木)

開催地 東京都   参加費 12万9600円(書籍・試験受験料・税込)


カテゴリ  統合運用管理 | 運用系業務アウトソーシング | DevOps

概要   本研修は、ITILファンデーション(V3)認定資格をお持ちの方を対象として、ITサービスマネジメントのベストプラクティス「ITIL」を実践で活用するノウハウを…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|システムの設計・運用


独自調査から見えたサイバーセキュリティの傾向と対策 締切間近

NRIセキュアテクノロジーズ/クオリティソフト


開催日

 11月22日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | セキュリティ診断 | IT資産管理

概要  Windowsの脆弱性を利用したランサムウェアの世界的な流行や、パソコンにファイルを作成しないファイルレスウイルスの脅威が話題となっています。人的・物理的・組織…

オススメユーザー  情報システム部の統括|システムの設計・運用|経営者CIO


「情報システム 運用 アウトソーシング」に関する特集



 今回より政井氏と二人、リレー形式でシステム運用の問題を解説することになった。第1回は企業としての情報システムの運用問題を、担当者の苦労や工夫などを織り交ぜながら私、細川が書いていきたい。「開発は恋愛、運用は結婚」なる名言を作った運用問題の責任者がいる。「開発(恋愛)は盛り上がるが一時の行為であり、運用(結婚)は地道に永久に続く」ことを言い表しており、まさに名言である。「一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)」では、800を超える企業からの回答に基づき、多種多様な情報を提供する『企業IT動向調査』、経済産業省の後援を元に、開発・保守・運用の詳細な情報提供を可能にする『ユーザー企業ソフトウェアメトリックス調査』を毎年刊行しており、こうした特色を生かしつつ、その他随時調査の情報も含めて解説を進めていきたい。まず第1回はITの総費用と運用費用の問題である。


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |




 「IT市場は構造変化している」とかなり以前から言われてきました。“クラウドコンピューティング”という言葉が初めて使われたのが2006年ですが、2年後の2008年にはGoogleがApp Engineを発表、AmazonはEC2正式版を発表、MicosoftではWindows Azure発表と各社からクラウドコンピューティングを意識したソリューションが登場しています。また、Salesforceは同年のグッドデザイン賞を受賞しています。わが国のIT企業でも2009年には富士通が仮想化技術に関する国際標準化団体DMTFでリーダーシップボードに就任しました。このような動きはITユーザにとって「情報システムはIT企業に発注して開発するもの」という意識を徐々に変えていくものでした。 そして、2013年現在「IT市場は構造変化してしまった」と過去形で語るべきだと言う方もいます。こうした中、中小IT企業はビジネスモデルを変革する際にどのような選択肢があるのか?その一例として、情報処理推進機構(以降、IPA)IT人材育成本部では、「人材」にフォーカスし、ビジネス変革の契機となるように編纂されたテンプレートを作成しました。本コラムにおいては、このテンプレートを題材に解説していきたいと思います。(テンプレートは下記URLの中段からダウンロードできます)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | システムインテグレーション



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「情報システム リフォーム 運用 アウトソーシング」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ