「建築 タブレット 使用実態調査」から探す!IT製品・セミナー情報

「建築 タブレット 使用実態調査」 に近い情報
「建築 タブレット」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「建築 タブレット 使用実態調査」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説タブレットとは?

タッチパネルを採用した情報端末の一種で、画面サイズはスマートフォンよりも大きく、B5ノートパソコンよりも小さい。代表的な機種として、アップル社のiPadがある。スマートフォンと比べた場合、画面が大きいため文字が見やすく、画面内に表示されるボタンやキーボードが押しやすい。CADやイラスト作成で使う高精度のポインティングデバイスのこともタブレットと呼ばれ、マウスよりも繊細で正確なポインタ操作ができるが、ここでは前者をタブレットして紹介する。

「建築 タブレット」に関する特集



 2020年のオリンピック・パラリンピック東京開催を控え、特需があるのはどの業界か。その恩恵を受ける業界の1つに建築業界が挙がる。オリンピック関連施設のほか、昨今の都心部大型開発や高層ビル建設ラッシュの様子を見ると、建設需要が増えており、活況を呈しているように見える。 一方で業界には、需要に対する人手不足、さらには資材費の高騰によるコスト高といった課題も叫ばれる。日本一(2015年8月現在)の高さの超高層ビル「あべのハルカス」を建設したことでも知られる国内スーパーゼネコン(最近3カ年の売上高平均が1兆円を超えるゼネコン)の竹中工務店が、これらも想定した業務の課題をどう解決しようとしているのか。同社はこのほど、建築現場の生産性向上を目的に、約5000台のiPadを社員に配布した。


カテゴリ  タブレット | 文書管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「建築 タブレット 使用実態調査」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ