「専用回線 ISDN」から探す!IT製品・セミナー情報

「専用回線 ISDN」 に近い情報
「専用回線」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「専用回線 ISDN」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説SDN(仮想ネットワーク)とは?

SDN(Software Defined Network)とは、物理的なネットワーク構成をそのままに、ソフトウェアで通信経路を制御できる機能を持ったネットワークのこと。SDNはITシステムの仮想化が進むなかでネットワークがどんどん複雑化していくのを防ぐことができる。ネットワークが複雑化する主な要因は、サーバ仮想化によってサーバ増設が簡単になったからである。仮想化技術を導入することで社内のサーバ数が飛躍的に増加する現象がいたるところで起きており、その増加スピードにネットワーク構成変更が追いつかない状況が生まれている。SDNは、この課題に対しての解決策の1つとして期待されている。

「専用回線」に関する特集



 前回(第1回)は、過去10年間の売上高に占めるIT費用比率の変化を示した。見事なまでの減少である。この間日本のGDPはほぼ横ばいなので、乱暴な言い方ではあるが、企業の売上は増えていないと仮定すれば、比率の減少は絶対額の減少を意味する事になる(※注1)。 更に保守運用費と呼ばれるコストは、IT総予算の70%弱(2003年当時)から53%(2012年)に下がっている。保守運用コストに限るならば、この10年間で約1/3に減少したと言える。 やはり一番の貢献はハードウェアの技術進歩である。 先ずネットワークは専用回線から、VPNやインターネット利用の割合が増え急速に費用が逓減した。そして最も影響したのはダウンサイジングと称して、汎用大型機(メインフレーム)がオープンシステムに置き換えられた事だろう。これには単なるハードウェアの価格だけではなく、付随するソフトウェアの価格や保守料、関連サービスの価格とも連動してくるので、結果、絶対額の減少に大きく影響する。クライアントPCの価格低下や集中購買、リース料と保守・サービスのパッケージ化等も大いに貢献している。以下の図は、売上高100億円以上、1兆円未満の企業15社の保守運用コストの内訳である。(JUASソフトウェアメトリックス調査2013に加筆)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |


「専用回線」に関するニュース



 野村総合研究所(NRI)は、企業が取り扱う紙の重要書類を電子化して安全に管理するサービス「e-BANGO /image α」の提供を開始した。本サービスでは、ユーザー企業が専用スキャナーで電子化した書類データを、専用回線を通じてインターネット環境から隔離した同社のデータセンターに送って格納する。承認・保存さ…


カテゴリ  文書管理 | その他データセンター関連




 TCSIは、暗号化や専用回線不要で機密情報や大容量データを安全に送受信できる「PASERI for Delivery」を発売した。価格は、月額20万円(税別)/1法人で、利用人数や台数は無制限。本製品は、秘密分散技術を用いて情報を意味のない状態に変換、分割するオープンセキュリティソリューション「PASERI」を利用する。分…


カテゴリ  ファイル転送 | 暗号化



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「専用回線 ISDN」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ