「富士通 安否確認 AU SOFTBANK」から探す!IT製品・セミナー情報

「富士通 安否確認 AU SOFTBANK」 に近い情報
「富士通 AU」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「富士通 安否確認 AU SOFTBANK」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説安否確認システムとは?

安否情報確認システムは、主に災害が発生した場合の有事の際に、社員の安否を確認するためのシステム。災害発生時にシステムに登録された社員に対して一斉に安否確認メールが送られ、社員は携帯電話やパソコンでメールを受信して安否状況を返信、その結果をシステムが自動集計する。その結果を受けて、企業が具体的な対策を採る。既に大企業では導入が進んでいるが、低価格なASPサービスによる安否情報確認システムが登場していることから、中小企業への導入も進みつつある。

「富士通 AU」に関するIT製品情報

FENCE-Mobile RemoteManager  2014/04/01


富士通ビー・エス・シー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ●初期費用:0円●スマートフォン1台あたり:300円※税抜き

カテゴリ  MDM | リモートアクセス | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | IT資産管理 | 統合運用管理

製品概要  スマートフォン/タブレット端末/ノートPCのセキュリティを強化するクラウド型のスマートデバイス向けセキュリティ管理サービス

オススメユーザー  スマートフォン/タブレット端末などの紛失による情報漏洩を未然に防ぎたい企業


Systemwalker Software Configuration Manager  2012/09/01


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 10万円〜(税別)

カテゴリ  サーバー管理 | その他ネットワークセキュリティ関連 | 認証 | データセンター運用 | ネットワーク管理

製品概要  クラウドにより動的に配備したリソース情報の自動収集・管理が実現するソフトウェア。サーバへのパッチ配付/適用も一元管理可能。システム管理者の作業負担を軽減する。

オススメユーザー  サーバ集約/仮想化環境で、動的に変更されるサーバリソース管理作業負担が増加。サーバ管理の負荷軽減と効率化を検討中の企業。



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「富士通 安否確認 AU SOFTBANK」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ