「富士ゼロックス マイナンバー 裏書」から探す!IT製品・セミナー情報

「富士ゼロックス マイナンバー 裏書」 に近い情報
「富士ゼロックス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「富士ゼロックス マイナンバー 裏書」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説マイナンバーとは?

マイナンバーとは、社会的基盤としての社会保障・税番号制度の導入にともない、国民1人ひとりにマイナンバーと呼ばれる12桁の個人番号が割り当てられ、2016年1月から社会保障・税・災害対策の行政手続きで運用が開始される制度。それにともない、民間企業においても税や社会保険の手続きで、従業員などのマイナンバーを取扱うことになる。具体的には、法定調書提出の際に個人番号/法人番号を記載する必要が生じるが、そのために何を準備すべきなのかと困惑している企業も少なくない。

「富士ゼロックス」に関するIT製品情報

SkyDesk  2013/12/06


富士ゼロックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ※価格情報詳細は、サービスサイトを参照

カテゴリ  CRM | SFA

製品概要  CRM(顧客管理)や名刺管理ツールなどが利用できる富士ゼロックスのクラウドサービス。アカウント作成だけですぐに利用を開始可能。

オススメユーザー  営業担当者の業務効率を向上させたい企業。CRMの利用コストを低くしたい企業。


beat/active サービス  2014/05/01


富士ゼロックス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【基本料金】初期料金:6万円(税別)〜月額料金:1万2800円(税別)〜※利用者60名までが上記金額となります。

カテゴリ  UTM | IPS | ファイアウォール | アンチウイルス | メールセキュリティ | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  セキュアなネットワーク環境をアウトソーシングサービスで実現。メッシュ型/スター型VPN、ハードの多重化、リモートアクセス、コンテンツフィルタなど多彩な機能を提供。

オススメユーザー  セキュリティ対策やネットワークの維持にかかる運用管理の負担を軽減し、障がいに強いVPN構築をしたい企業。


モバイルあんしんマネジメントサービス  2014/11/15


富士ゼロックス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 エントリー:350円/月(税別)ベーシック:500円/月(税別)※上記の料金に追加で初期登録サービス(3万円/契約/税別)が必要。

カテゴリ  MDM |

製品概要  モバイル端末を安心して使える管理環境をクラウドで提供。モバイル端末の情報取得やロックなど、様々な制御をリモートで行うことができるサービス。

オススメユーザー  「モバイル端末の紛失や盗難に不安」「SDカードやUSBメモリーの利用を制限したい」「MDMの導入を検討している」企業。


beat/entry サービス  2015/03/23


富士ゼロックス

企業規模  中小企業・SOHO 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 【基本料金】初期料金:2万円(税別)月額料金:8800円(税別)

カテゴリ  IPS | ファイアウォール | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  1台のアプライアンスでインターネットの脅威を統合的にカバーし、その運用管理をアウトソースするサービス。かつネットワーク利活用の機能も提供。

オススメユーザー  セキュアでメンテナンスが容易なネットワークを構築したい企業。テレワーク環境を安価で簡単に構築したい企業。


「富士ゼロックス」に関する特集



 ドラえもんの「ひみつ道具」作りにチャレンジする「四次元ポケットPROJECT」──昨年放映されていたテレビCMを記憶している人も多いだろう。高度な技術を持つ中小企業と富士ゼロックスがコラボし、「室内旅行機」などの「ひみつ道具」を実際に作るというプロジェクトだ。もちろん市販を目的としたものではなく、富士ゼロックスのITサービスの広告内での取り組みだが、インターネットの世界では、この“ドラえもんのひみつ道具”を彷彿させるデジタル・ディスラプターたちが出現している。


カテゴリ   |




 イノベーションという言葉を初めて用いた経済学者のシュンペーターは、異なる知識や技術を結び付け、新たな価値を生み出すことがイノベーションであると唱えた。 異なる知識や技術を結び付け交流を促すために、時間や空間の制約を超えたコミュニケーションを実現させることはITが得意とする分野である。しかし、時間や空間の制約を超え、異なる知識が結びつきやすい「場」そのものを提供しただけでは十分ではない。見知らぬ人をただ単に対面させただけでは、自然と対話が発生し、イノベーションを生む活動へと発展することは到底期待できないからである。 ところが、バーチャルではなく現実の世界では、イノベーションを起こす目的で社内外の異なる知を結びつける様々な方法が存在する。その取り組みの1つが 「フューチャー・センター」である。フューチャー・センターは異なる知識を結びつけるための「場」を提供する。 フューチャー・センターはスウェーデンが起源で、1996年に活動がはじまった。その後、欧州では政府機関が開設したのを皮切りに、20程の組織が存在する。日本では、富士ゼロックスKDIや東京海上日動システムズなどの企業が先導して取り組んでいる。  日本企業の多くは、今後徐々に縮小していく国内市場からグローバル市場に活躍の場を広げようとしている。しかし、グローバル市場において、日本発の製品やサービスは未だに技術先行、高品質指向であり、それによって新興国においては必ずしも成果を上げていない現状が指摘されて久しい。これまで企業が取り組んできたように新製品開発のプロジェクトを立ち上げるなどの一辺倒なやり方では、画期的で世界を変えるようなアイデアが湧いてくるとは限らない。世界経済フォーラムのイノベーションランキングで上位にランクインするほどの技術力を持つ日本だが、企業内に閉じこもっていてはもはや解決できない複雑な問題を企業は抱えている。そして今、企業はもっと開かれた関係性を生み出す「場」を必要としているのではないだろうか。 フューチャー・センターでは、この難題を解決するため、様々なステークホルダーを集結し課題に取り組むのである。場合によっては顧客やNPOを招くなどして、幅広い人の英知を借りることになる。多様な人を集め対話することで新たな気づきが生まれることを期待し、対話の積み重ねによって難解で複雑な問題を解決しようとする、その「…


カテゴリ  EIP | グループウェア | 社内SNS


「富士ゼロックス」に関するニュース



 富士ゼロックスは、コンカーと提携し、領収書の電子化により経費精算を効率化するソリューション「Cloud Service Hub for Concur」を発売する。本ソリューションでは、コンカーのクラウド型経費管理ソリューション「Concur Expense」と富士ゼロックスの複合機を連係する。複数の領収書を富士ゼロックスの複合機(対…


カテゴリ  帳票管理システム | 会計システム | 文書管理




 富士ゼロックスは、Sansanと提携し、名刺のデータベース化を効率化するソリューション「Cloud Service Hub for Sansan」の提供を開始する。本ソリューションは、Sansanのクラウド名刺管理サービス「Sansan」と富士ゼロックスの複合機を連携するものだ。複数の名刺を一括でスキャンすることが可能で、名刺のデータベ…


カテゴリ  CRM | 複合機 | 文書管理




 富士ゼロックスは、中小企業向けに、同社の複合機本体や関連サービスの運用業務をリモートで支援し、設定を代行する「複合機活用サポートパック」の提供を開始した。本サービスは、複合機を活用するための「かんたんソリューション」で構築した環境をリモートでサポートするもの。ユーザー側の管理者PCと同社サポー…


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング | 複合機



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「富士ゼロックス マイナンバー 裏書」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ