「家庭用機器 自動 未来」から探す!IT製品・セミナー情報

「家庭用機器 自動 未来」 に近い情報
「自動 未来」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「家庭用機器 自動 未来」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「自動 未来」に関する特集



 「領収書の電子化が進めば日本全体で1兆円ものコスト削減効果が見込める」――そう語るのは旅費や経費精算のためのクラウドサービスを提供するコンカーの三村真宗社長だ。タクシー配車から航空券やホテルの宿泊予約など、あらゆるビジネスシーンで発生する経費を自動的に取り込むという同社のオープンプラットフォーム戦略はどのような未来を目指すのか?▼後編「経費精算のクラウド化、企業が得られるコスト削減以外のメリット」


カテゴリ  会計システム | スマートフォン




 自動車セキュリティ技術の研究開発中にあったことである。「この技術を何と定義したら良いか」 論争になった。技術に名前を付けることは、大したことのないように思うが、意外にも重要なことなのだ。それぞれの技術を明確に定義してこそ、その技術と他の技術の境界を分けることができ、分類によって、その技術に関連する全ての技術のマップを全体的にきちんと描くことができるようになり、それぞれの部分が意味するところが何なのかを正確に知ることができるからである。さて、自動車セキュリティ技術を何と呼ぶべきか。 「スマートカーセキュリティ」「コネクティッドカーセキュリティ」などの意見があったが、最終的には「自動車セキュリティ」と呼ぶことにした。技術的な観点からみると、スマートカーやコネクティッドカーという言葉が意味をより明確に伝達するが、何だか「現在の自動車のための技術」ではなく、「未来の自動車のための技術」のように見えるのではないかと懸念したためである。自動車セキュリティは、未来のための技術ではない。今、ここに必要な技術である。  世界を脅かすあらゆるリスクの中で最も危険なリスクは何だろうか。それは、準備もできていないのに、突然迫ってくる危険である。自動車セキュリティがそうだ。新たに登場した攻撃と防御戦闘に歓呼するいくつかのアーリーアダプターもいるが、ほとんどの人は「それは何?」と興味を持っていない。毎日新技術が登場しているにもかかわらず、安全意識は技術の速度に追い付いていない。 今後、いや、今もすでにコネクティッドカーは日常的になってきている。また自動車セキュリティは、運転手や歩行者の命がかかった非常に深刻な問題である。しかし、考えてみてほしい。準備は十分になされているか……。 では、自動車セキュリティの基盤であるコネクティッドカーの現在の技術を調べて、未来の技術を展望してみよう。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




 自動車のセキュリティは、まだはるかに遠い未来の話だと思い込んでいる方が、世の中には多いようだ。車のセキュリティは、今から対応して行かなければならない最も重要な分野であり、人の命にかかわるセキュリティとなるからだ。 日本も自動車メーカーだけでなく、民間と公共機関が協力し、「情報処理推進機構(IPA)」をはじめ「自動車技術会(JSAE)」や「ITS(Intelligent transportation system)Japan」のようなさまざまな団体が自動車のセキュリティ関連の活動を展開している。 まず、「JSAE」は2010年から自動車セキュリティ技術の標準化に向け「セキュリティ標準規格委員会」を発足し、今後、JSAE参加機関のための指針を整備し、日本代表として、ITS国際標準の確立などの活動に積極的に参加している。こうした活動の中心となる「ITS標準化委員会」には、自動車メーカー、道路事業者、通信業界、消費者団体などの代表者が所属している。さまざまな参加機関の中で「電子情報技術産業協会(JEITA:Japan Electronics and Information Technology Industries Association)」が主要機関として、今後、車のセキュリティ対策において根幹になる「ISO TC204(Technical Committee)」を担当している。最近、自動車とスマートフォン間通信といった外部装置との通信技術の実用化が具体化されてきているため、原論レベルの話し合いだったセキュリティ対策も、実用性を増してきている。 しかしながら、これはかなり難しい問題なのである。自動車内のシステムは複雑であり、それのセキュリティとなると、いわゆるICT技術を総動員するかたちとなる。今の自動車はGPSも基本的に搭載されており、それに加えNFC、Bluetooth、Wifi、LTEなどのさまざまな機能が搭載されている。「移動するデータセンター」という言葉もあるように、これから自動車は「モノのインターネット(IoT)」技術の中心になることは間違いないだろう。 今回は自動車のセキュリティにおいて、“知っておくべき6つの要素”を解説したい。自動車のセキュリティだから、単に自動車業界にお勤めの方のための情報だろうと思うかもしれないが、自動車は、人の命とかかわるモノであるゆえに世の中の誰もが関心を持って考えてほしいのである。誰もが理解できるよう、次章から分かりやすく述べていきたい。


カテゴリ  ファイアウォール | IDS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「家庭用機器 自動 未来」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ