「完全性 電話環境」から探す!IT製品・セミナー情報

「完全性 電話環境」 に近い情報
「完全性」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「完全性 電話環境」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「完全性」に関するIT製品情報

nShield HSM ファミリー  2016/05/01


タレスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。

オススメユーザー  データセキュリティを求める企業IoT(デバイス認証・データ暗号・データの完全性)PKI(鍵生成・暗号・復号・署名・署名検証)


「完全性」に関する特集



 前回、電子署名と認証がセキュリティの中の「Integrity(完全性)」を確保することを目的とした対策であることを解説した。 平成21年度に政府では、Integrity(完全性)を確保しながら、政府の電子申請の利活用の向上を目指した「オンライン手続きにおけるリスク評価及び電子署名・認証ガイドライン」(案)を作成した。このガイドラインは、米国における米国行政管理予算局の「連邦政府機関向けの電子認証に関わるガイダンス」(OMB M-04-04 E-Authentication Guidance for Federal Agencies)や米国国立標準技術研究所の「電子的認証に関するガイドライン」(NIST SP800-63 Electronic Authentication Guideline)に対応するものである。 日本のガイドラインは、電子申請の利活用を促進するために、現在使用している電子署名によるIntegrity(完全性)の確保だけでなく、認証技術等を活用したIntegrity(完全性)の確保を目的としている。そのため、日本のガイドラインは、米国とは異なり、電子認証だけではなく、電子署名を含んでいるのが特徴である。


カテゴリ  認証 |




 昨今、企業における情報セキュリティに対する関心は、非常に高まっている。IT製品のセキュリティとは、「ウイルスや不正アクセスなどの脅威・攻撃から情報資産を守り、その機密性・完全性・可用性を確保すること」といえるが、いざ企業で導入する製品を選択する際、どういった基準でセキュリティについて考えていけばよいのか悩む人は多いだろう。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 前回は、マイナンバーが記録された機器・電子媒体のデータ消去方法と機器処分業者の選定ポイントについてお話いたしました。今回も引き続き、選定ポイントをより具体的に解説してまいります。機器処分を委託する先の業者には、データ消去、廃棄、リユース(買取)、リサイクルなどを専門とする様々な業態の業者が存在し、それぞれ得手不得手があります。またそれらを兼業しているところも少なくありません。機器処分業者を選ぶ上で最も重要なのは、その業者の組織・体制・人・施設等に於いて、マイナンバーを含む情報の漏洩リスクがどれだけ少ないかを見極めることです。 具体的には、(a)情報機器についての専門知識(b)データ消去の完全性(c)作業を行う施設(工場等)のセキュリティレベル(d)機器搬送時の安全性(e)社内体制・内部統制 & (f)社員教育 等がどれだけ充実し担保されているのかということになります。


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「完全性 電話環境」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ