「安全規格 北米 ETL」から探す!IT製品・セミナー情報

「安全規格 北米 ETL」 に近い情報
「北米」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「安全規格 北米 ETL」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ETLとは?

ETLとは、Extract(抽出)、Transform(変換/加工)、Loading(格納)の各頭文字を取った用語で、データウェアハウスを構築する時に、基幹系システムなどからデータを集める一連のデータ処理のことを指す。ただし現在では、データウェアハウスに限らず、分散して存在する大量データを1つにまとめる時のデータ処理あるいは情報流通に関わる作業でもETLという言葉が使われており、ETLツールが適用される場面の広がりとともに、ETLもデータ統合という広い意味で使われるようになってきている。

「北米」に関する特集



 航空業界へのITシステム導入が進んでいる。安定しない燃油価格に加え、LCCを交えた競争が激化しており、業界を取り巻く状況は厳しさを増す一方だ。競争力を維持するためにITでコストを削減しようとする企業は多い。 アイルランドの首都ダブリンを中心に欧州、そして北米やアフリカなどの長距離路線を持ち、年間1060万人を運ぶ「エアリンガス(Aer Lingus)」も、そんな課題に直面していた一社だ。“ケルトの虎(ケルティックタイガー)”としてIT景気で高成長を遂げてきた同国の経済が、2008年を境に後退したこともあり、大規模なコスト削減を余儀なくされたという。 同社が“IT改革”にかけた時間は約2年。そのポイントは、仮想デスクトップの活用で「Windows XP」からマイグレーションするという「守りの施策」と、タブレットによる操縦室のペーパーレス化を実現するという「攻めの対策」を平行して行ったことだ。


カテゴリ  タブレット | MDM | VDI



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「安全規格 北米 ETL」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ