「大規模DC コスト 比較 ハードウェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「大規模DC コスト 比較 ハードウェア」 に近い情報
「コスト 比較 ハードウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「大規模DC コスト 比較 ハードウェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「コスト 比較 ハードウェア」に関するIT製品情報

SAP月額利用料型ホスティングサービス BusinessACXEL  2012/11/26


電通国際情報サービス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期導入費用 990万円〜(税別)月額ユーザライセンス 1万5000円〜(税別)※詳細はお問い合わせ下さい

カテゴリ  ERP |

製品概要  SAP ERPを月額料金で利用できるクラウドサービス。短期間で導入可能な上、ライセンスやハードウェアの購入費用がかからないため、初期費用や運用負荷を大幅に低減できる。

オススメユーザー  低コストでSAP ERPを導入したい企業、ERP運用のコストや手間を削減したい企業、海外拠点に共通のERPを展開したい企業など。


SANsymphony-V  2016/01/15


データコア・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ライセンス:43万2000円〜サポート費:10万8000円〜※税別

カテゴリ  ストレージ仮想化 | サーバー管理

製品概要  ストレージ仮想化という新しい価値観を提供するSoftware-Defined Storage製品。ストレージをハードウェアの制約から開放し、性能、容量、運用とコストを高次元で最適化。

オススメユーザー  ストレージのコスト、性能、可用性、データ移行、クラウド移行に課題を持つ企業。無停止サービスを提供するプロバイダ。


デスクトップ仮想化ソリューションパック  2013/02/15


NECフィールディング

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 498万円(20クライアント時)〜     ※税別

カテゴリ  VDI | ファイルサーバ | PCサーバ | ストレージ仮想化 | シンクライアント | サーバー管理

製品概要  デスクトップ仮想化環境導入に必要なハードウェアとソフトウェアに加え、保守サービスとヘルプデスクサービスまでを含んだパッケージ。試験的導入やスモールスタートにも。

オススメユーザー  デスクトップ仮想化について、導入や運用に不安を持っていたり、低コストで導入したい企業。


イメージバックアップツール 「datasaver PROシリーズ」  2013/05/28


デジタルアーティファクト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  バックアップツール | ファイルサーバ | NAS | サーバー管理

製品概要  ソフトウェア&ハードウェア一体型のバックアップ・アプライアンス製品。ライセンス不要で、専門知識がなくても操作や運用が可能。復旧作業も、誰でも簡単にできる。

オススメユーザー  万一の障害時に、早く、簡単に復旧ができるバックアップツールを探している企業。バックアップにかかるコストを削減したい企業。


サーバ・ネットワーク監視ソフト X-MON  2015/09/07


エクストランス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 9万8000円(10ノード版)〜※税抜

カテゴリ  サーバー管理 | ネットワーク管理 | パフォーマンス診断 | オープンソース

製品概要  ハードウェアの死活や各種サービス、ホストリソース、トラフィックなどを監視するサーバ・ネットワーク監視ソフト。データセンターやクラウドサービスも一元監視できる。

オススメユーザー  高パフォーマンスな監視ソフトを低コストで導入したい企業。データセンターやクラウドサービスも一元監視したい企業。


「コスト 比較 ハードウェア」に関する特集



 前回(第1回)は、過去10年間の売上高に占めるIT費用比率の変化を示した。見事なまでの減少である。この間日本のGDPはほぼ横ばいなので、乱暴な言い方ではあるが、企業の売上は増えていないと仮定すれば、比率の減少は絶対額の減少を意味する事になる(※注1)。 更に保守運用費と呼ばれるコストは、IT総予算の70%弱(2003年当時)から53%(2012年)に下がっている。保守運用コストに限るならば、この10年間で約1/3に減少したと言える。 やはり一番の貢献はハードウェアの技術進歩である。 先ずネットワークは専用回線から、VPNやインターネット利用の割合が増え急速に費用が逓減した。そして最も影響したのはダウンサイジングと称して、汎用大型機(メインフレーム)がオープンシステムに置き換えられた事だろう。これには単なるハードウェアの価格だけではなく、付随するソフトウェアの価格や保守料、関連サービスの価格とも連動してくるので、結果、絶対額の減少に大きく影響する。クライアントPCの価格低下や集中購買、リース料と保守・サービスのパッケージ化等も大いに貢献している。以下の図は、売上高100億円以上、1兆円未満の企業15社の保守運用コストの内訳である。(JUASソフトウェアメトリックス調査2013に加筆)


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |




 前回解説したとおり、ITインフラを立ち上げる際に、従来は物理的なハードウェアを利用してサーバを運用するのが主流であったが、昨今、企業におけるITインフラに対する要求の変化と経済情勢に伴うコスト意識に対応するシステムとして仮想化が注目されている。 仮想化は様々な利便性をもたらす一方でセキュリティ上の課題はないのか?という疑問を抱いているIT管理者、意思決定者は多いのではないか。今回は仮想化によってセキュリティ対策がどう変化するのかについて解説しよう。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他仮想化関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「大規模DC コスト 比較 ハードウェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ