「大容量データをメールで送りたい」から探す!IT製品・セミナー情報

「大容量データをメールで送りたい」 に近い情報
「大容量データを」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「大容量データをメールで送りたい」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説メールとは?

メールとは、企業内個人が社内/社外とやり取りする電子メールの送受信、保存、セキュリティ対策などを実現するためのITソリューション群のこと。具体的には、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやり取りするための「電子メール」、社内外でやり取りされる電子メールを捕捉し、削除や改竄ができない状態でデータを長期保管すると共に必要に応じて検索/復元できる「メールアーカイブ」、企業が定めた情報セキュリティポリシーに則り、ポリシーに合致しないメールを事前に遮断できる「メールフィルタリングツール」、メール受信時にウイルスを含む添付ファイルなど有害なコンテンツを特定/除去したり、メールの差出人/内容などの情報を基に脅威となるメールを特定/遮断できる「アンチウイルス/アンチスパムソフト」などが挙げられる。

「大容量データを」に関するIT製品情報

全文検索・情報活用システム QuickSolution  2017/02/15


住友電工情報システム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 拡張ライセンス(本体標準価格):120万円〜1800万円(税別)基本ライセンス(本体標準価格):80万円〜1200万円(税別)

カテゴリ  データ検索ソフト |

製品概要  50TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。

オススメユーザー  社内に蓄積した大量の情報を共有、活用したい企業。Webサイト、ECサイトなど大容量データをインターネットで公開している企業。


ファイル送受信サービス「Confidential Posting」  2017/07/18


富士通エフ・アイ・ピー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■標準販売価格 (税別)クラウド版:月額 4万円〜、初期 10万円〜パッケージ版:パッケージ本体 50万円〜、保守 10万円〜/年

カテゴリ  ファイル転送 | ファイル共有 | その他情報共有システム関連 | 暗号化

製品概要  「機密データ」や「大容量」のデータを「安心・安全」かつ「簡単」に送受信できるファイル送受信サービス。導入企業の50%以上が金融業界という高セキュリティ機能を搭載。

オススメユーザー  ●機密データの送受信による情報漏えいを防止したい企業。●大容量データを送信したい企業。


「大容量データを」に関する特集



ページ数の多いファイルや映像・画像などの中には、数十MB、数百MBに及ぶものも…。今回は、簡単に素早く大容量データを送信することが可能な各種のサービスを紹介します!無駄なコストをかけたくない方は必見です。


カテゴリ   |




光ディスク1枚で15テラバイトもの超大容量データを書き込めるようになる「2光子吸収ディスク」を紹介。その仕組みに迫ります!


カテゴリ  その他ストレージ関連 |


「大容量データを」に関するニュース



 富士フイルムイメージングシステムズは、クラウド型ファイル管理・共有サービス「IMAGE WORKS」に「ダウンロード申請・承認」機能を追加した。本サービスでは、企業の所有する画像や動画、CADなどの大容量データを、データ管理者による正しい統制管理のもと、効率的に共有・管理できる。企業の広報業務や販促活動…


カテゴリ  文書管理 | ワークフロー | ファイル共有




 日本ワムネットは、大容量データ転送サービス「Direct!」を全面刷新した「DIRECT! EXTREME」を8月に発売する。今回の新サービスでは、基盤にマイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用する。1ファイルあたり最大2TBの大容量データを転送できる。一度に送信できるファイル数…


カテゴリ  ファイル転送 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「大容量データをメールで送りたい」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ