「大学で無線LANを導入する目的」から探す!IT製品・セミナー情報

「大学で無線LANを導入する目的」 に近い情報
「大学で」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「大学で無線LANを導入する目的」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説無線LANとは?

無線LANとは、ネットワークのノード間を、ケーブルを使わずに電波を使って接続するLANのこと。無線LANはIEEE802.11bという最大11Mbpsの通信規格が誕生してから製品化が急速に進むようになり、現在では100Mbps以上の無線LANの導入も始まっている。無線LANを構築する上で必要になる機器にはアクセスポイント(基地局あるいは無線LAN親機)、無線クライアント(無線LAN子機あるいは無線LANアダプタ)、無線LANコントローラ(あるいは無線LANスイッチ)などがある。

「大学で」に関する特集



 前回は、交渉に関する誤解や交渉の本質である「交渉学」を学ぶことの重要性について説明しましたが、今回は米国ハーバード大学での交渉学研究について紹介したいと思います。 ハーバード大学において、実際にあった数多くの交渉事を分析した結果、成功する交渉には共通のパターンがあることがわかってきました。それを基にして導かれたのが、ミッション/ゾーパ/バトナという3つのフレームワークです。


カテゴリ   |




 前回はハーバード大学での交渉学研究と、交渉力をアップさせるためになぜ実践形式でのトレーニングが必要かというお話をしました。そこで、今回はより実際の交渉シーンに近いお話をしていきます。 交渉には大きく分けて「分析力」「コミュニケーション力」「意思決定力」の3つのスキルが必要となります。 交渉のプロセスは、まず情報の収集・整理をし、選択肢の検討・評価を行います。その上で判断基準を明確にしながら、最終的に交渉のシナリオを作成します。ここでの分析が不確かな状態であると、その後の判断を誤ってしまうので慎重にならなければなりません。 このようにして準備したシナリオに基づいて、交渉相手にメッセージを発し、相手のメッセージを聞き、質問、観察、分析を行います。交渉相手の立場を考慮して、いかに自分の情報を的確に伝えるか、またはいかに相手の情報を引き出すか。同様に、いかに自分の意思を伝えるか、いかに相手の意思を引き出すか、といった「コミュニケーション力」が大変重要となります。 最後に交渉の場で得た情報と、事前に分析した情報をすり合わせ、具体的な条件について、「受諾するか受諾しないか」「条件を付けて受諾するか」など、部分的な意思決定をするのです。このサイクルが繰り返された後、交渉相手との最終条件の詰めを行い、「この相手とこの条件で合意するかしないか」という意思決定をします。


カテゴリ   |




 最近、WordPressの脆弱性を突いた事件が多く発生しております。たとえば、2013年8月末に某Webホスティング事業者で、WordPressのプラグインやテーマの脆弱性を利用した改ざん事件(詳細はHASHコンサルティングの徳丸先生のブログ参照)。また、2013年7月に公表されたWordPressにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性(JVN25280162)など多岐にわたります。 現在オープンソースのCMSアプリケーションは非常に質が高く高機能なため、米New York Times紙のWebサイトを初め多くの商用サイトにも利用されています。しかし、高機能であるだけにアプリケーションのコードも肥大化し、脆弱性が生まれやすくなります。また利用者が誤ったインストールや設定をしてしまうことで、脆弱性を作ってしまう可能性があります。  2012年秋、日本を含め多くの大学がハッカー集団「Ghost Shell」に攻撃され、情報漏洩や改ざん事件があったのをご存知でしょうか?この被害に遭われた、とある大学の先生のご相談に乗る機会がありました。この大学ではWordPressのコンテンツが狙われたそうで、インストールしてから一度もアップデートをしていなかったとのこと。「失敗したな〜」と悔やんでおられました。  なお、大学も履修システムやE-Learningなど、Webアプリが企業以上に多数有り、先進的な大学はWAFをどんどん導入されています。 札幌学院大学様ではハッカー被害は受けていなかったものの、この事件を機にWAFを導入されました(事例)。研究室で構築される勝手サーバのセキュリティ向上、そしてオープンソースのセキュリティレベルの底上げとして利用されており、実際にWordPressに対する攻撃も検出されたとのことでした。 バラクーダネットワークスジャパンのWebサイトにも、弊社製WAFを導入していますが、存在しないはずのWordPressの管理URLに対してのアクセス痕跡があり、機械的に手当たり次第リクエストを投げていることが想定されます。このように、公開WebサイトからリンクされていないURL、秘密情報や管理者機能に直接アクセスする攻撃を「強制ブラウジング」といいます。


カテゴリ  WAF |


「大学で」に関するニュース



 富士フイルム株式会社は、企業や大学で生成されたデータを容易かつ効率的に磁気テープに記録し、ユーザのもとで長期保管可能にするデータアーカイブストレージシステム「d:ternity オンサイト アーカイブ」を発売した。価格はオープン価格。「d:ternity オンサイト アーカイブ」は、ストレージコストの抑制と…


カテゴリ  テープストレージ | テープバックアップ




 株式会社エフレジは、決済サービス「F-REGI払込支払い」が、立教大学で導入され、6月1日より各種証明書(卒業証明書など)のオンライン受付を開始したと発表した。「F-REGI払込支払い」は、様々な決済手段を搭載したASP型トータルサービスで、インターネットを介した申込受付から情報管理までを行なえる。教育機関…


カテゴリ  EC | その他基幹系システム関連 | システムインテグレーション | その他WEB構築関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「大学で無線LANを導入する目的」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ