「大企業 会計システム」から探す!IT製品・セミナー情報

「大企業 会計システム」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「大企業 会計システム」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説会計システムとは?

財務会計システムは、会計担当者の事務処理を軽減し、決算の早期化と財務管理の品質向上に有効なソフトウェアのこと。一般的に企業会計といえばこの財務会計を指し、対社外に向けた数字(財務諸表)を作成するものとなる。これに対し、事業戦略を立案するなど意思決定のために使われる社内用の数字を作成するものは管理会計と呼ばれる。

「大企業 会計システム」に関するIT製品情報

戦略情報会計システム OPEN21 SIAS  2017/02/09


ICSパートナーズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本会計450万円〜 (税別)

カテゴリ  DWH | 会計システム | 文書管理 | BI

製品概要  決算業務処理の機能に加え、「エビデンスなどの関連情報のLINK機能」、「会計情報の分析加工用のBI機能」を搭載した、マネジメント・データウェアハウス。

オススメユーザー  文書管理システム・BIシステムとそれぞれのシステムを個別に構築して、会計システムとの連携を図っている企業。


ICS会計ERP OPEN21de3  2013/12/17


ICSパートナーズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本会計150万円〜 (税別)

カテゴリ  会計システム | ERP

製品概要  堅牢で信頼性のある『会計システム』のロジックを十分に踏襲しながら、そのしなやかで大きなファイル構造でマネジメントで活用できる経営情報を提供する【会計ERP】

オススメユーザー  2段階での増税対応を機にパッケージ化への移行を検討される企業、経営戦略に活用できる管理会計をお考えの企業。


経営基盤ソリューション SuperStream-NX  2016/09/30


日立システムズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 パッケージ:500万円〜(税別)別途、構築費用が必要

カテゴリ  会計システム | 人事管理システム

製品概要  豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。

オススメユーザー  日本の法制度に追随する会計システム構築を検討中の企業。人事の業務効率化・タレント管理をしたい企業。


FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム  2016/09/30


日立ソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  ERP | 販売管理システム | 会計システム | 特定業種向けシステム

製品概要  パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。

オススメユーザー  基幹システム導入を検討中の卸売業、商社。ERPパッケージでは不満が残るし、スクラッチ開発は現実的ではないと考える企業。


経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』  2017/09/01


スーパーストリーム

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 500万円〜(税別)

カテゴリ  ERP | 人事管理システム | 会計システム

製品概要  ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現

オススメユーザー  クラウド、グローバルに対応した会計システムを導入したい企業人材情報の可視化による適正配置やタレント管理を実現したい企業


「大企業 会計システム」に関する特集



企業にお勤めの方359人を対象に、1カ月あたりの経費精算額や経費申請の方法など調査しました。中小企業と大企業の驚きの差とは?


カテゴリ  会計システム | その他基幹系システム関連




 平成18年の総務省「事業所・企業統計調査」によれば、我が国における従業員数300人以下の中小事業所数は、全事業所の約99%を占めている。現在、ほとんどの大企業が、これら中小企業に下請け業務を委託している事実を見ても、中小企業は我が国の産業の根幹を支える重要な位置付けにあるといえる。 中小企業において、企業内イントラネットの構築、財務会計システムの導入、メールによる受発注管理、SFAツールに代表されるインターネットを使った営業支援システムの利用など、今やITは必要不可欠なインフラであり、IT化が進むにつれ、情報セキュリティ対策が企業の経営において重要なポイントとなっている。こうした流れを受け、経済産業省の中期政策の1つに「中小企業の活性化、地域経済の再生」が挙げられており、IT導入の支援も積極的に行われている。 中小企業におけるセキュリティ対策の現状は、コンピュータウイルス対策ソフトなどの基本的な対策ツールの導入や、セキュリティポリシーの策定など、基本的に全体のレベルは少しずつ向上してきている。しかし、一方で大企業の対策と比較すると、具体的な取り組みや、社内での体制作りには、まだまだ遅れが見られるのが現状である(図1)。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「大企業 会計システム」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ