「変化点管理ボード」に近い情報
「変化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「変化」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「変化」に関する記事情報

業務PCの利用状況(2018年)/前編 : IT担当者300人に聞きました:

この1年で増加したのは「脱Windows」勢か、Windows 10ユーザーか。乗り換えと同時に導入したツールは何か。Windows 7のサポート終了まであと1年少々のいま、企業で利用するPC端末の変化を調査した。

「PC」シェア(2018年第1四半期) : シェア情報アーカイブ:

2018年第1四半期のPC市場はマイナス成長に転じた。レノボ傘下となった富士通のPCシェアはどう変化したのか。

「スマートフォン」シェア(2018年第1四半期) : シェア情報アーカイブ:

ついに従来型携帯電話の出荷が「ゼロ」に。国産スマホメーカーの首位争いにも変化あり。2018年第1四半期シェアはどうなった。

声やウェアラブルも活用、市場に出回り始めた「健康経営支援ソリューション」 : IT導入完全ガイド:

声の変化で健康状態が分かる時代になった。健康経営を実行する上で利用したいのがウェアラブルデバイスや社員の健康状態、勤務状況などのデータだ。

なぜ今までのツールは運用管理の課題を解消できなかったか : イベントレポートアーカイブ:

運用管理の課題は、いつどのレポートを見ても同じで変化はない。レガシーなシステムを得意としてきたIBMもクラウドネイティブを意識して、判断の自動化、最適化など、人間の行動を軸に運用管理ツールを見直し中だ。

社員のスキルを把握できているか? IT時代に見直したい3つのこと : イベントレポートアーカイブ:

「今後5年間でテクノロジーの進展が仕事に与える変化をどう捉るか?」という質問に、日本人の32%が「脅威」と答えた。技術が発展し、労働をとりまく環境が変化していく中、企業や労働者何をすべきだろうか。

社員教育から災害時の備えまで、活用範囲が広いWeb会議 : そこが知りたい!Web会議:

Web会議は使い方次第で、業務が劇的に変化する。地方拠点同士での遠隔会議に使うだけではもったいない、Web会議の幅広い利用用途を紹介する。

無料発行も可能、3種類のSSLサーバ証明書の使い分けは? : セキュリティ強化塾:

SSLサーバ証明書の価値が変化している。もはや「クレジットカードの入力フォームを備えたWebページで使うもの」だけではない。

2016年度版改正電子帳簿保存法、何が変わった? : IT導入完全ガイド:

電子帳簿保存法における施行規則の改正で企業会計に大きな変化が訪れる。スキャナー保存の要件が緩和された電子帳簿保存法のポイントについて徹底解説する。

「スマートフォン」シェア(2016年第1四半期) : シェア情報アーカイブ:

2016年第1四半期は前年同期比6.2%減だった同市場。iOS端末の出荷台数は前年同期比12.3%増と好調。今後はどのように変化する?

「変化」に関するIT製品情報

2900人の営業パーソンの声から読み解く、5つのトレンドと実践したいアクション

株式会社セールスフォース・ドットコム

ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化する中、営業部門に求められる役割も大きく変化している。2900人の営業パーソンへの調査から見えてきた5つのトレンドから、変化に立ち向かうためのベストプラクティスを探る。

頻発するID詐欺、意識調査で見えた「認証の未来」 バイオメトリクスを考える

日本アイ・ビー・エム株式会社

過去6年間で1120億ドルもの被害が発生しているID詐欺が、認証の在り方に変化をもたらしている。生体認証が一般化しつつある現在、ユーザーがセキュリティと利便性をどのように捉えているのかが分かる資料を紹介しよう。

2018年に警戒すべき脅威は? 最新調査で見えた攻撃動向の変化と対策

日本アイ・ビー・エム株式会社

数億ものデータを基にセキュリティ調査を行っている研究チームによると、2017年の脅威の状況には新たな傾向が見られたという。今後のセキュリティ対策を考える上で無視できない重要ポイントを調査データを基に解説する。

ビジネススピードを落とさずIT活用を実現するID統制、ID棚卸の姿とは?

NTTテクノクロス株式会社

人によるID管理を完全になくす事は難しい。むしろ、増えている企業が多い。その背景には加速するビジネス環境の変化に対し柔軟に適応し、ビジネススピードを落としたくないという思いがあった。攻めのIT活用を実現するID統制の姿とは?

昭和の経営スタイルから脱却、成長し続ける企業になるための仕組みとは?

CA Technologies

昭和では一般的だった戦略・計画と実行が分断した経営スタイルは、今日の市場変化に追い付けない。だが、経営やプロジェクトの計画と実行の整合性を常時検証し、リアルタイムに調整するのも人力では限界がある。その解決策とは?

「変化」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。