「地方創生応援税制」から探す!IT製品・セミナー情報

「地方創生応援税制」 に近い情報
「地方創生」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「地方創生応援税制」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「地方創生」に関する特集



地方創生の理想モデルとして注目を集める島根県海士町。全国から高校入学希望者を集める施策とは?隠岐國学習センター センター長の豊田庄吾さんに海士町が取り組む教育改革について具体的に聞いてきました。


カテゴリ  グループウェア |




 マネーフォワード(東京都港区、社長CEO 辻 庸介氏)は6月20日、中小企業・個人事業主向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」の戦略発表会を開き、3方針を打ち出した。1.会計・確定申告、請求書、給与、経費、マイナンバーの5業務処理をまとめ、月額3900円で提供する「バリューパック」を発売2.地方自治体や商工会議所と提携した「MFクラウド地方創生プロジェクト」開始3.病院、飲食、理美容、不動産などの業種特化サービスの提供 また、辻社長はこれまでのバックオフィス処理から、近く中小企業・個人向け融資事業を開始する計画で準備を進めていることを明らかにした。


カテゴリ  会計システム | ERP




 BCP(事業継続計画)や人材確保の観点から、在宅勤務など場所や時間に捉われない働き方に注目が集まっている。総務省もICT活用、地方創生などを掲げてテレワークの普及促進に取り組んでおり、新しいワークスタイルに寄せられる期待は大きい。今後、こういったワークプレイスのマルチ化は拡大していくと考えられるが、実際に企業が導入するには様々なハードルが残っている。 その1つが企業に欠かせない「申請・承認ワークフロー」だ。「上司が不在だから承認がもらえない」「申請・承認のために会社に戻らなくてはいけない」など、ワークフローには場所の制約がつきものだ。どこかに集まって働くことを前提とした現在の申請・承認の仕組みのままではワークスタイルの変化に対応しきれなくなっているのだ。 この連載では3回にわたり、企業のワークフローの現状がどうなっているのか、ワークスタイルが変わりゆく今どのような視点でワークフロー改革を行うべきなのかを考察していく。 第1回の今回は「そもそもなぜ企業に“申請”や“承認”が必要なのか?」という原点に立ち返りながら、企業にワークフローが必要な理由を整理したうえで、手作業でのワークフローの負荷について解説する。


カテゴリ  ワークフロー |


「地方創生」に関するニュース



 ウイングアーク1stは、情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を活用した、BCCが提供する「地方創生支援システム」を、福岡県糟屋郡篠栗町が“子育て計画支援事業”の基盤として導入したと発表した。地方創生支援システムは、“地方人口ビジョン”や“地方版総合戦略”で求められる地域の情報や庁内のデータをグラ…


カテゴリ  BI | その他スマートデバイス関連 | その他情報システム関連 | その他情報共有システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「地方創生応援税制」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ