「在庫管理システム 費用」から探す!IT製品・セミナー情報

「在庫管理システム 費用」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「在庫管理システム 費用」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説在庫管理システムとは?

在庫管理システムとは、製造業などの工場や倉庫において、作った製品の入荷/出荷を管理するシステムのこと。在庫管理業務が、営業部門での販売管理や工場部門での生産管理といった基幹系システムと密接な関係にあることから、在庫管理機能は、ERPパッケージや販売管理システムなどの製品群に含まれているケースが多い。また、単独で在庫管理システムが提供されている場合でも、既存のERPパッケージや販売管理システムのサブシステムとして使える製品が大半である。

「在庫管理システム 費用」に関するIT製品情報

販売・在庫管理システム glan system  2012/10/01


オペレーションシステム・ソリューションズ

企業規模  中小企業・SOHO 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:無料月額費用:4万円〜(税別)

カテゴリ  ERP | ワークフロー | 在庫管理システム | 販売管理システム | CRM

製品概要  販売管理・在庫管理に必要な機能を、社内・社外問わず必要な人に、必要なだけ提供できる。委託販売・受託販売にも対応し日常業務を取引先も含めて全体的に最適化できる。

オススメユーザー  中小企業。卸売業者・メーカー。自社販売だけでなく委託販売、受託販売にも対応し、取引先とシステムを共有されたい方。


クラウド型貸出管理システム レンタル「見える化」@web  2013/08/01


ヤマトシステム開発

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 30万円月額費用 3万円〜※税別

カテゴリ  その他運用管理関連 | ワークフロー | 在庫管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  予約申請・承認や貸出履歴・在庫照会、「期限お知らせ」の自動メール配信など、レンタル管理業務を効率化するシステム。クラウド型なので、短納期・低コストで導入可能。

オススメユーザー  自社資産の貸出管理を効率化したい総務部門。手間なく商品の貸出管理システムを導入したいレンタル事業者、商社、メーカーなど。


通販基幹システム「クラウド K」  2016/08/26


FutureRays

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:ライセンス登録料15万円/1社月額費用:1ライセンスあたり1万円/月(税別)

カテゴリ  EC | 在庫管理システム | 販売管理システム | 特定業種向けシステム | CRM

製品概要  企画、顧客管理から受注、出荷、在庫管理、棚卸、入金、督促、分析まで、通販事業に必要な機能をオールインワンで提供する通信販売事業者向け基幹システム。

オススメユーザー  これから通販事業に力を入れていきたい企業。


在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS  2017/05/27


日立物流ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期導入費用 30万円基本サービス利用料 月額10万円〜※いずれも税別詳しくはお問い合わせ下さい

カテゴリ  SCM | 在庫管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。

オススメユーザー  コストや時間をかけずに最適な在庫管理/倉庫管理を実現し、業務を改善したい企業。


販売管理システム EXPLANNER/Ai  2017/01/10


NEC

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 パッケージ費用:5クライアント版 150万円〜(税別)

カテゴリ  販売管理システム | ERP | 在庫管理システム

製品概要  40年の経験を持つNECが開発した、日本の商習慣・法制度にマッチした販売管理システム。企業・業種固有の機能の追加も専用ツールで簡単に行える。

オススメユーザー  業界や自社固有の管理項目が多く、パッケージソフトの導入が難しいと考えている企業。



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「在庫管理システム 費用」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ