「国防総省OS」から探す!IT製品・セミナー情報

「国防総省OS」 に近い情報
「国防総省」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「国防総省OS」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「国防総省」に関するIT製品情報

HDD 暗号化ツール「SecureDoc Disk Encryption」  2015/04/01


クロス・ヘッド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:1万5000円(税別)〜

カテゴリ  暗号化 | 認証 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  米国防総省で標準採用されているHDD丸ごと暗号化ソリューション。情報漏洩対策としてHDDや外部メディアの情報を保護する強力なエンドポイントセキュリティ製品。

オススメユーザー  ノートPCやHDD、エンドポイントメディアなどの紛失・盗難による情報漏洩の対策を検討している企業や部門


「国防総省」に関する特集



今や米国防総省や司法省も利用している?社内ユーザのみならず社外の関係者まで対象を広げたコラボレーションを支える情報共有基盤として活用が進んでいるオンラインストレージ、その最前線を徹底レポート!


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ |




 ここまでで、Facebook、TwitterなどのSNSやWindows Live SkyDrive、Dropboxなどのファイル共有について話してきた。これらはすべて、ビジネス目的で作られたアプリケーションではない。当初の目的は、コンシューマ用途だ。 コンシューマ向けに作られたものだが、ビジネスでも便利であるということが広まり、ビジネス用途でも使われるようになった。かくして、IT管理者が導入したアプリケーションではない、コンシューマ向けのアプリケーションが組織の中に大量に入り込んだ。 かつて軍事目的で米国国防総省を中心に開発されたARPAnetが元となりインターネットに進化した。多くの企業が使い始めると、もともと何の目的かということなど関係なくなり、「使わない」という選択肢はなくなった。コンシューマ目的のアプリケーションも既に、仕事のコミュニケーションに入り込んでいて、「使わない」と拒否し続けられるのも時間の問題だ。 こうなってくると、IT管理者は新しいテクノロジーをどう有効活用してビジネスを最大化させるか、セキュリティ上の懸念をどうカバーするか、必要な制限は何かを考えていく必要がある。 それでは今回の本題、「Skype」について話していこう。


カテゴリ  IP電話 | 暗号化


「国防総省」に関するニュース



 日本エイサー株式会社は、モバイルPCの法人向けモデルとして、Windows 7 Professional(Windows 10 Proからのダウングレード)をプリインストールしたSSD搭載ノートPC 2モデル「TravelMate TMB117M-N14Q」「TravelMate TMP236M-A54Q」を6月から順次発売する。「TravelMate TMB117M-N14Q」は、米国国防総省が定める…


カテゴリ  ノートパソコン |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「国防総省OS」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ