「固定資産システム ASP 料金」から探す!IT製品・セミナー情報

「固定資産システム ASP 料金」 に近い情報
「ASP 料金」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「固定資産システム ASP 料金」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ASP 料金」に関するIT製品情報

クラウド型バックアップサーバー【データセーフタイムライン】  2014/12/15


クロスパワー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:0円容量料金:6800円(10GBプラン)〜ユーザ料金:1000円〜 月額合計料金:7800円〜 ※税別

カテゴリ  バックアップツール | オンラインストレージ/ファイルストレージ | 暗号化 | データセンター運用 | サーバー管理

製品概要  重複排除+データ圧縮+差分更新による高効率バックアップや無制限世代管理、データ暗号化と暗号化通信による高度なセキュリティを備えたクラウドバックアップサービス。

オススメユーザー  簡単操作で高効率バックアップが可能な、安心できるクラウドバックアップサービスを探している企業。


WebARENA メールホスティング  2015/09/15


エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期料金:5000円月額料金:7600円/最大ID数200ID1万8000円/最大ID数300ID3万6000円/最大ID数600IDなど ※税別

カテゴリ  電子メール | その他サーバー関連

製品概要  低価格、高品質、マネージド型、コントロールパネル付きの企業向けメールサービス。

オススメユーザー  メールサービスの品質でお悩みの企業。メールサーバの運用負担でお悩みの企業。信頼できるメールサービスを必要とされる企業。


【動画配信サービス】Mediatope  2014/05/27


NTTスマートコネクト

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期料金 5万円〜(税抜)月額料金 5万円〜(税抜)

カテゴリ  ストリーミング | CMS

製品概要  クラウドベースの動画CMSと高品質な配信インフラを組み合わせて提供することで、企業の動画活用をトータルにサポート。専門知識不要での動画コンテンツの配信を実現した。

オススメユーザー  手間をかけず動画コンテンツを社内外へ配信したい企業。初期費用を抑えて動画コンテンツを配信したい企業。


オンライン・ビデオ・プラットフォーム Kollus  2017/02/01


カテノイド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期料金:5万円〜(税別)月額料金:3万円〜(税別)

カテゴリ  ストリーミング | eラーニングシステム | CDN | スマートフォン最適化

製品概要  動画配信サービスを構築、運用するのに必要な機能をオールインワンのクラウドサービスとして提供するオンライン・ビデオ・プラットフォーム。

オススメユーザー  e-ラーニング等を目的に動画配信を行いたいが、コストや手間がかかりあきらめていた企業。顧客に動画配信を行いたい企業など。


クラウドERPシステム「NetSuite」  2017/02/01


ネットスイート

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 ユーザ数×ライセンス料金+基本料金※詳細は、お問い合わせ下さい

カテゴリ  ERP |

製品概要  ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。

オススメユーザー  経営状況のリアルタイム可視化、迅速かつコスト効率的な海外拠点展開、M&A/IPOに向けた経営情報の整備などを実現したい企業。


「ASP 料金」に関する特集



今月は、クラウドコンピューティングとIT運用の関わりについて取り上げてみたい。クラウドがブームとなってからもう何年も経つが、今日においてクラウドは新たなトレンドというよりも、私達の身の回りに定着しつつある現実として捉えた方が良いだろう。これからクラウドコンピューティングについて考えるにあたって、まず始めにクラウドコンピューティングにはどのようなものがあるのか概観してみよう。御存じの方も多いと思うが、クラウドコンピューティングには大まかに分けて「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」がある。パブリッククラウドは、クラウドサービスのプロバイダーが基本的にインターネット越しに提供するもので、ユーザ企業は料金を支払ってサービスを利用するだけである。一方でプライベートクラウドは、ユーザ企業自身が仮想環境を構築し自社専用のクラウドサービスを利用するものである。さらに、パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用した利用形態を「ハイブリッドクラウド」という。今まである程度のIT機構を自社内に構築してきたユーザ企業は、ハイブリッドを選択する事になるであろう。セキュリティ等への懸念からデータを外部におけないシステムや、或いは大規模な演算処理等を行うシステムは、自社内(プライベートクラウド上、或いは旧来の独立したサーバ・メインフレーム上)に持ち、それ以外のシステム(所謂フロントエンド系のシステム)はパブリッククラウドを利用するという形態が、現実的に最も多くなると考えられる。


カテゴリ  その他運用管理関連 | IaaS/PaaS


「ASP 料金」に関するニュース



 さくらインターネットは、IaaS型クラウドサービス「さくらのクラウド」で、サーバ停止中の利用料金を無料化した。本サービスでは、サーバやストレージなどのさまざまなサービスを利用できる。インターネットサービスのインフラ基盤に加え、大規模法人や公的機関の業務システムなどにも利用できる。時間割・日割・月…


カテゴリ  IaaS/PaaS |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「固定資産システム ASP 料金」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ