「受託開発型 システム サービス提供型 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「受託開発型 システム サービス提供型 違い」 に近い情報
「受託開発型 システム 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「受託開発型 システム サービス提供型 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「受託開発型 システム 違い」に関する特集



 第1回では「“作る”から“使う”へのパラダイムシフト」というテーマで、ユーザ企業におけるサービス利用へのシフトと受託開発型ビジネスの縮小について見てきました。こうした中、中小IT企業は受託開発型の仕事が将来、再び増えるのを“待つ”のではなく、サービスビジネスへのシフトを積極的に進めることが生き残りに向けた1つの選択肢ではないか…というお話しをしました。 しかし、多くの企業(特に中小IT企業)では変革への道筋を描けていないのが実情ではないでしょうか。それは、新しいサービスビジネスが従来型とどのように異なるのか、そこで必要になる人材はどのようなものか、などについて具体的に検討されていないことが原因と考えられます。「ビジネス変革」と言っても抽象的な精神論ではなく、具体的にイメージできるように編纂されたのが第1回の冒頭で触れた「ビジネスアプリケーション活用型サービス」のテンプレートになります。(テンプレートは下記URLの中段からダウンロードできます)


カテゴリ  システムインテグレーション |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「受託開発型 システム サービス提供型 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ