「収集 集める意思」から探す!IT製品・セミナー情報

「収集 集める意思」 に近い情報
「収集」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「収集 集める意思」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「収集」に関するIT製品情報

NASCenter Net-ADM V4(統合運用管理ツール)  2012/12/15


ヌリテレコム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ・製品販売サーバ5台〜:49万円〜PC50台〜:50万円〜※すべて税別

カテゴリ  統合運用管理 | データ分析ソリューション | IT資産管理 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | 統合ログ管理

製品概要  サーバ・PC・ネットワークの監視/管理/情報収集などの機能を一括提供する統合運用管理ツール。PC操作ログ収集や稼働状況を簡単操作のインターフェースから確認可能。

オススメユーザー  ネットワーク監視、サーバ監視を行ないたいが敷居が高いと考えている企業。PCの資産管理、操作ログ収集をすぐに始めたい企業。


RSA Security Analytics  2013/06/01


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 一体型セッション情報収集装置 All-in-One for Packet 912万5000円〜一体型ログ情報収集装置 All-in-One for Log 912万5000円〜※税別

カテゴリ  IDS | IPS | 統合ログ管理

製品概要  ネットワーク上の全パケットとサーバの全ログの収集・解析を行うことで、標的型サイバー攻撃をリアルタイムに検知できるネットワークセキュリティ管理プラットフォーム。

オススメユーザー  昨今の標的型サイバー攻撃やゼロデイ攻撃による脅威を早期に検知することで、被害拡大を未然に防止したい企業。


LOG@Adapter(ログアダプタ)  2017/02/07


エイチ・シー・ネットワークス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ソフトウェア+初年度サポート20ライセンス:40万円40ライセンス:80万円無制限ライセンス:150万円※税別価格

カテゴリ  統合ログ管理 | UTM | 検疫 | フィルタリング | メールセキュリティ | データ分析ソリューション

製品概要  企業内のSyslogを収集・管理するソフトウェア製品。社内の不正操作を監視することで情報漏洩の抑止と発生後の調査を実現する。※ハードウェア版あり

オススメユーザー  情報漏洩対策として、ログの収集・管理を手軽に一元管理したいユーザ。企業コンプライアンスの強化を図りたいユーザ。


LogStare  2013/06/15


セキュアヴェイル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンス:19万8000円〜オプション(分析レポート拡張モジュール):78万2000円〜※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | データ分析ソリューション

製品概要  様々なシステムのログを収集し、自動的に保存・管理・分析することで、問題発生時の原因究明などを迅速かつ効率よく行うことができる統合ログ管理ソリューション。

オススメユーザー  システム管理などにログを有効活用したい、ログの収集・管理を効率化したい、ログの分析を容易にできるようにしたい企業。


統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」  2013/10/02


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 ES-560 680万円〜(定価・税別)

カテゴリ  統合ログ管理 | データベースソフト | データ分析ソリューション | テストツール

製品概要  企業内の複数システムのログを収集して、管理、分析、レポートが可能。アプライアンスだから、早期導入とスムーズな運用に対応し、コスト削減にも貢献。

オススメユーザー  ログの収集・活用により、コンプライアンスやセキュリティを強化したい企業。内部統制や情報漏洩の対策が課題となっている企業。


「収集」に関する特集



マイナンバー導入に際し、最も気になるトピックの1つが「マイナンバー収集方法」である。法施行後まず最初に行うことであり、…


カテゴリ  電子メール |




 前回は、IPAにおける脆弱性対策の全体の概要について説明した。サーバ・システム管理者が、脆弱性対策で行うべきことは、(1)脆弱性対策情報の収集、(2)脆弱性対策の適用可否をチェックし、(3)必要に応じて対策を適用することである。 今回は、脆弱性対策情報の収集における取組みについて紹介する。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 マイナンバーの「収集」における本人確認まで話をしてきました。第10回では収集に関する議論の続きとして「収集の制限」について説明します。合わせて他の制限についてもまとめておきます。今回は比較的軽めです。


カテゴリ  電子メール |


「収集」に関するニュース



 セキュアヴェイルは、ネットワーク監視・ログ収集ソフトウェア「LogStare Collector」の新バージョン(1.3)の提供を開始した。無料でダウンロードできる。本ソフトウェアは、ファイアウォールなどのセキュリティ対策機器やネットワーク接続、サーバなどのさまざまな機器の監視とログ収集を一元的に行える。Windo…


カテゴリ  ネットワーク管理 | 統合ログ管理




 ディーバは、年商7億5千万ユーロ(約1000億円)以上の多国籍企業向けに、OECDのBEPS(税源浸食と利益移転)対応策で提出が義務付けられた国別報告書を作成するためのデータ収集・レポーティングツール「BEPS Web」をリリースした。本ツールは、海外グループ会社からのデータ収集、処理(換算・合算)、レポーティン…


カテゴリ  その他基幹系システム関連 |




 インフォサイエンスは、統合ログ管理システム「Logstorage」のオプション製品「Logstorage 連携パック for Azure Activity Log」の出荷を開始した。Microsoft Azureのアカウントの操作履歴を記録・出力するサービス「Azure Activity Log」のログ収集・分析に対応する。Azure Activity Logでは、Azure上で行った操…


カテゴリ  統合ログ管理 | IaaS/PaaS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「収集 集める意思」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ