「双方向サービス対応にするには」から探す!IT製品・セミナー情報

「双方向サービス対応にするには」 に近い情報
「双方向」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「双方向サービス対応にするには」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「双方向」に関するIT製品情報

サイボウズスタートアップス 安否確認サービス2  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ライトプラン(50ユーザーパック)年額費用:7万7520円 ※税別

カテゴリ  安否確認システム | その他情報共有システム関連

製品概要  一方的な配信だけなく、双方向にコミュニケーションが取れる掲示板機能を搭載。報告・確認から、その後の対策指示までが可能な安否確認サービス。

オススメユーザー  災害などの緊急時に、より綿密なコミュニケーションが取れる安否確認システムを探している企業。


複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」  2017/09/25


セゾン情報システムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 基本パッケージ:一括支払導入 30ユーザ 30万円より月額支払導入 30ユーザ 1万8000円/月より※税別

カテゴリ  グループウェア | SFA

製品概要  複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。

オススメユーザー  複数のグループウェアやSFAがありスケジュールの二重確認の手間に困っている部門、グループウェアの移行手段が必要な部門や企業


「双方向」に関する特集



一度きりの使い捨てパスワードと言えば「ワンタイムパスワード」を指しますが「双方向ワンタイムID認証」はそれとは全く違うもの。IDをイチイチ覚える必要もなく、サーバーなりすましの恐怖からもサヨナラできます。


カテゴリ   |




企業にとって優秀な人材の獲得は、最優先の経営課題。採用対象となる人材に自社への興味を持ってもらうために、ホームページや双方向性のあるソーシャルメディアを活用し、適切な情報発信を行う方法を紹介します。


カテゴリ   |


「双方向」に関するニュース



 ジャパンシステムイノベーション(JSI)は5月15日、会計事務所と顧問先の会計データを双方向に変換できる「JSI会計データ変換システム」を発売した。Windows7/8.1/10に対応し、価格は年額1万円(税別)。本システムは、メーカーの違う会計ソフトの間でもデータを変換できる。対応メーカーは弥生、MJS、JDL、EPS…


カテゴリ  会計システム |




 メトロネットは1月、医療機関向けに、双方向型の問診支援サービス「問診ナビ」を発売する。本サービスでは、患者がタブレットやPC上に表示される質問項目に回答していくことで、問診情報を漏れなくかつ効果的に収集できる。そのために、ベテラン医師の知識や経験を形式知化し体系化した臨床推論アルゴリズムを搭載…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他スマートデバイス関連




 APRESIA Systemsは、10ギガビットイーサネット(10GbE)に対応したスイッチ「Apresia20000シリーズ」を発売した。本製品は、210(幅)×44(高さ)×220(奥行き)ミリと小型で、1000BASE-X/10GBASE-Rポートを8つ、10/100/1000BASE-TXポートを4つ備えている。また、10GbEでの長距離1芯双方向通信を可能にするSFP+…


カテゴリ  ネットワークスイッチ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「双方向サービス対応にするには」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ