「厚生労働省 ER/ES指針」から探す!IT製品・セミナー情報

「厚生労働省 ER/ES指針」 に近い情報
「厚生労働省」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「厚生労働省 ER/ES指針」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「厚生労働省」に関するIT製品情報

総合保育業務支援システム Kid's View(キッズビュー)  2017/06/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  特定業種向けシステム | その他基幹系システム関連 | その他情報システム関連

製品概要  厚生労働省の補助金で導入することもできる保育業務支援システム。園児の出欠状況確認、職員情報の管理、クラスごとの出席簿作成、園児の成長の記録などが効率的に行える。

オススメユーザー  園児や職員の情報管理が煩雑になっている幼稚園・保育園・認定こども園。


人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory)  2017/06/01


ワン・オー・ワン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ■初期構築費用 無料■月額料金 5400円〜※税別※無償トライアルあり

カテゴリ  人事管理システム | その他基幹系システム関連

製品概要  社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。

オススメユーザー  社員の能力/価値観/モチベーションなどを把握し、戦略的な人材育成やマネジメントを実施したい企業。


「厚生労働省」に関する特集



 マイナンバーの「利用」と聞くと、何か便利なことでもありそうな気がしてきますが、残念ながらそれは単に気のせいです。マイナンバーは行政機関が名寄せに使うためのものです。マイナンバーの利用とは、行政機関が名寄せできるように、行政機関が定める帳票にマイナンバーを記入して、行政機関に届け出る業務プロセスを指すに過ぎません。 マイナンバーの利用が許されるのは社会保障と税に関する業務だけですから、ここでいう行政機関とは厚生労働省と国税庁ということになります。広報資料「マイナンバー 社会保障・税番号制度 民間事業者の対応(平成27年5月版)」を見てみましょう。10〜15ページには国税関係の情報が、16〜22ページには厚生労働省関係の情報が掲載されています。ここにマイナンバーに関係する帳票が列記されています。


カテゴリ   |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「厚生労働省 ER/ES指針」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ