「南日本情報処理センター PCIDSS」から探す!IT製品・セミナー情報

「南日本情報処理センター PCIDSS」 に近い情報
「南日本情報処理センター」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「南日本情報処理センター PCIDSS」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説IDS(侵入検知システム)とは?

IDS(Intrusion Detection System)とは、侵入(Intrusion)を検出(Detection)するシステムで、ネットワーク上に流れるパケットを監視し、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行う。ファイアウォールは単に、許可されたパケットを通過させ、禁止されているパケットを遮断するだけだが、それに対してIDSは、不正侵入を検出し、何らかの方法で管理者に通知する機能を持つ。ただし、IPS(Intrusion Protection System)のように防御までをカバーするわけではない。

「南日本情報処理センター」に関するIT製品情報

IT資産&セキュリティ統合管理ツール「SecureSeed」  2013/08/01


南日本情報処理センター

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格(参考価格)100ライセンス 56万円〜 (税別)

カテゴリ  IT資産管理 | リモートアクセス | UTM | 認証 | ID管理 | 統合ログ管理

製品概要  IT資産管理と情報漏洩対策に不可欠な機能をワンストップで提供。更に管理者の負担を軽減する機能も充実しており、セキュリティ対策の推進、管理コストの削減を実現する。

オススメユーザー  内部統制・IT統制対策や情報漏洩対策、セキュリティ強化を効率的に実施したい企業。 社内PCの運用管理を軽減したい企業。



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「南日本情報処理センター PCIDSS」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ