「匿名加工情報 マサチューセッツ州事件」から探す!IT製品・セミナー情報

「匿名加工情報 マサチューセッツ州事件」 に近い情報
「匿名」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「匿名加工情報 マサチューセッツ州事件」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「匿名」に関する特集



匿名性があると言われていたShareの利用者が逮捕されたのはなぜなのか?ファイルの1次配布者を特定できるシステムの仕組みとは…


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 数々あるサイバー犯罪の中でも、日本独特ともいえるものがいくつか存在する。先月の記事では、その中でも有名かつ一般ユーザへの被害が最も多いと予想されるワンクリック詐欺について紹介した。今月は日本独特のサイバー攻撃というつながりで、WinnyやShare等といったP2Pファイル共有ソフトの利用者を標的としたマルウェアについて解説を行う。 まず、P2Pファイル共有ソフトとは、その名前の通り、Peer-to-Peerネットワークを利用して、ファイルやデータを共有するためのソフトである。特徴としては、クライアント間の通信にピュアP2P方式を利用しているため、サーバクライアント方式とは違いネットワーク障害に非常に強く、アップロードされたデータはバケツリレー方式で次々とクライアント間で共有される。この仕様から、一度P2Pファイル共有ソフトのネットワークに流出したデータを回収することは、ほぼ不可能に近いと言える。更に、P2Pファイル共有ソフトのほとんどが暗号化技術によってある程度の匿名性が確保されている。この技術が悪用されて違法ファイル(著作権に関連する音楽ファイルや動画ファイル等)のアップロード、ダウンロードが行われてきた。こういった特徴を利用したマルウェアがP2Pファイル共有ソフトのネットワーク上には多数存在している。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「匿名」に関するニュース



 株式会社日立コンサルティングは、ビッグデータやIoT(Internet of Things)データの活用を図る際に求められる、プライバシー保護の確立を支援する「データ匿名化支援コンサルティング」の提供を開始する。「データ匿名化支援コンサルティング」では、データのプライバシーリスク(個人特定や属性推定など)の低減…


カテゴリ  システムコンサルティング | その他エンドポイントセキュリティ関連 | ETL




 テリロジーは、匿名性の高いネットワーク「ダークネット」内のユーザー企業に対する特定の脅威情報をリアルタイムに通知するサービス「スレットインテリジェンスサービス」を11月21日に発売する。価格は個別見積もり。本サービスでは、ダークネット内でやりとりされるハッカーなどの情報を、KELA Groupが開発した自…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「匿名加工情報 マサチューセッツ州事件」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ