「勤怠管理システム 基本」から探す!IT製品・セミナー情報

「勤怠管理システム 基本」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「勤怠管理システム 基本」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説勤怠管理システムとは?

勤怠管理システムとは、就業管理システムや就労管理システムとも呼ばれ、タイムカードやICカード、Web画面などを用いて出退勤時刻を記録することで、社員やアルバイトの勤怠状況を的確に管理できるシステムのこと。出勤簿やタイムカードなど紙によってのみ管理されていた労働時間をデータ化し、給与の基礎データをスムーズに作成することが可能となる。さらに勤怠管理システムには、休暇の残日管理や過重労働のケアなど労務管理の面でも役立つ機能が備わっている。

「勤怠管理システム 基本」に関するIT製品情報

勤怠管理クラウドサービス「CLOUZA」  2014/04/01


アマノ ビジネスソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用、基本料金 0円月次費用 200円(税抜)×打刻利用者数

カテゴリ  勤怠管理システム | リモートアクセス | ERP | ワークフロー | 会計システム

製品概要  「導入が容易」「低コスト」「カンタン操作」がコンセプトの、クラウド型勤怠管理システム。パソコンのブラウザやタブレット端末を利用したシンプルな使い勝手。

オススメユーザー  勤怠管理システムを導入したいが、操作や設定の煩雑さ、初期費用や運用コストが高いなどの理由で二の足を踏んでいる企業。


ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」  2017/08/19


KYODOU

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 【基本機能】初期費用 20万円(税別)月額費用 300円/人(税別)※最少人数50人

カテゴリ  勤怠管理システム | 人事管理システム

製品概要  Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。

オススメユーザー  従来のパッケージ型勤怠管理ソフトでは、自社の業務に対応できないという企業。使いやすい勤怠管理システムを探している企業。


勤給解決  2017/04/15


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 基本プラン初期費用5万5000円月額費用300円/ユーザー※価格は税別。最低購入本数50本(追加は10IDごと)、最短契約期間1年。

カテゴリ  勤怠管理システム |

製品概要  カメレオンコード(カラーバーコード)による打刻を採用し、PCやiPadを用いて認証・入力が可能なSaaS型勤怠管理システム。

オススメユーザー  低コストかつ手軽に打刻システムを導入したい企業。カードの貸し借りによる「なりすまし」を抑止したい企業。


高機能勤務管理サービス follow(SaaS版)  2013/04/15


NTTコムウェア

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ASP・SaaS
価格 基本サービス「勤務・休暇」:1ユーザ月額350円(税別)初期導入費用:不要(ユーザ企業側で設定可能)

カテゴリ  勤怠管理システム |

製品概要  勤務・休暇管理/ソフトタイムレコーダー/PCログ取得など、勤務・勤怠管理に必要な機能をSaaS型で提供。低価格/高セキュリティ/短期間導入を実現。携帯電話からも利用可能。

オススメユーザー  非正規を含む社員の勤務・休暇/出退勤をWebで一元管理したい企業。勤務管理に工数や旅費をひもづけ、経営判断に活用したい企業。


「勤怠管理システム 基本」に関する特集



4月1日の改正労働基準法施行で注目されている勤怠管理システム。同製品の機能から基本となる労務管理のキーワードまでをご紹介!


カテゴリ  勤怠管理システム |




勤務時間を管理するために役立つ「勤怠管理ツール」。ここでは、本ツールがどのような基本機能を持っているか、そしてその機能がどのような企業課題を解決してくれるのか、それぞれ分かりやすく簡単に紹介します。


カテゴリ  勤怠管理システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「勤怠管理システム 基本」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ