「勤怠管理 ソフトウェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「勤怠管理 ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「勤怠管理 ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説勤怠管理システムとは?

勤怠管理システムとは、就業管理システムや就労管理システムとも呼ばれ、タイムカードやICカード、Web画面などを用いて出退勤時刻を記録することで、社員やアルバイトの勤怠状況を的確に管理できるシステムのこと。出勤簿やタイムカードなど紙によってのみ管理されていた労働時間をデータ化し、給与の基礎データをスムーズに作成することが可能となる。さらに勤怠管理システムには、休暇の残日管理や過重労働のケアなど労務管理の面でも役立つ機能が備わっている。

「勤怠管理 ソフトウェア」に関するIT製品情報

MajorFlow Time  2017/11/01


パナソニック ネットソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 50ユーザ:80万円(税別)〜

カテゴリ  勤怠管理システム | ワークフロー

製品概要  ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。

オススメユーザー  勤怠管理や給与計算の効率化、健全な就業管理、ペーパーレス化を実現したい企業の人事/総務部門や情報システム部門。


jinjer勤怠  2017/03/31


ネオキャリア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 初期費用 不要月額利用料 200円/1ユーザ※税別

カテゴリ  勤怠管理システム | タブレット | スマートフォン | その他スマートデバイス関連 | その他基幹系システム関連

製品概要  マルチデバイス対応で、どこでも打刻・勤怠管理が可能。打刻方法のフレキシブルさ、出勤/シフト/申請管理のユーザビリティの高さから勤怠関連のパフォーマンス向上を実現。

オススメユーザー  勤怠管理で打刻申請のモレが多くムダな管理工数が発生している、管理職の外出/離席が多くPCで承認業務ができないという企業。


Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』  2017/04/01


パナソニック ネットソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 50User:79万円〜(税抜)

カテゴリ  ワークフロー | 勤怠管理システム | 電子帳票システム | 会計システム | グループウェア

製品概要  申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。

オススメユーザー  ERP連携で経費精算、勤怠管理、稟議書など各ワークフローを統合したい企業。内部統制対策や業務効率化を実現したい企業。


POSITIVE(タレントマネジメント、人事給与、勤怠管理)  2017/11/15


電通国際情報サービス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成 : ライセンス1000万円(税別)〜

カテゴリ  人事管理システム | ERP | 勤怠管理システム

製品概要  2000社超の導入実績で培ったノウハウを活かした製品。人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメントやグローバル人事など広範な機能を網羅した統合HCMパッケージ。

オススメユーザー  分散している人財情報(タレントマネジメント、人事給与、就業)の統合管理をしたい、グローバルやグループ管理を行いたい企業。


STAFFBRAIN(人事給与、勤怠管理、ワークフロー)  2017/07/15


電通国際情報サービス

企業規模  中堅企業・中小企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 最小構成:ライセンス300名版〜▼STAFFBRAIN人事 150万円〜▼STAFFBRAIN給与 150万円〜▼STAFFBRAIN就業 125万円〜※税別

カテゴリ  人事管理システム | 勤怠管理システム

製品概要  1000社の導入実績を持つ統合人事パッケージ。ユーザニーズに応える柔軟性・拡張性で、ノンカスタマイズ導入が可能。

オススメユーザー  高機能な人事・給与・就業システムを短期間、低コストで構築したい企業。システム導入や保守運用の負荷を軽減したい企業。


「勤怠管理 ソフトウェア」に関する特集



 グループウェアや勤怠管理、営業支援システムやプロジェクト管理ツールなど、業務に関わるアプリケーションの多くがWebを通じて提供されるようになり、情報システム管理者のクライアントソフトウェアに対する管理負担は減ってきている。しかしその一方で、複数のWebアプリケーションを導入する企業の従業員はアプリケーションごとに設定された複数のID/パスワードの管理負担が増し、利用者によってはパスワードを付箋紙などに書き留めPCに貼り付けるなどセキュリティリスクが高まっているケースも見られる。そこで注目されるのが、1回のログイン操作で企業内の複数システムへのアクセスを可能にするシングルサインオンである。今回は、このシングルサインオンと呼ばれる技術はどんな課題を解決するために導入するのか、この点からシングルサインオンについて4回にわたって説明する。


カテゴリ  シングルサインオン |


「勤怠管理 ソフトウェア」に関するニュース



 Skyは9月11日、クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.12.2」をリリースした。本ソフトウェアは、ログ管理やセキュリティ管理、デバイス管理といった、情報漏えい対策やIT運用管理を支援する各種機能を搭載している。さらに、各メーカーのセキュリティ製品と連携することで、対策のさらなる強…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 勤怠管理システム | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他運用管理関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「勤怠管理 ソフトウェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ