「分析 ソフトウェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「分析 ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「分析 ソフトウェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「分析 ソフトウェア」に関するIT製品情報

ID統合管理ソフトウェア ADMS  2014/02/01


ジインズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 基本ライセンス100ユーザ:8万円より※税別

カテゴリ  ID管理 | データ分析ソリューション | 統合運用管理 | 統合ログ管理

製品概要  Active Directoryやグループウェアなどのアカウント管理を容易にし、管理コストやオペレーションミスを低減できるID管理ソフトウェア。

オススメユーザー  複数システムのアカウントをまとめて管理したい、管理ミスを低減したい、人事異動日直前の設定変更の手間を減らしたい企業。


Checkmarx CxSuite  2013/11/01


インテリジェント ウェイブ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オンデマンド: 2万5000円(税別)〜オンプレミス: お問い合わせ下さい

カテゴリ  テストツール | データ分析ソリューション | 開発言語 | その他開発関連

製品概要  ソフトウェアのソースコードを解析し、既知の脆弱性を発見/原因を特定/解決策の提供を行うソースコード解析ソリューション。迅速に低コストでセキュリティを確保する。

オススメユーザー  ソフトウェアのセキュリティを迅速に低コストで確保したい企業。ソースコード解析ソリューションの導入を検討中の企業。


汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」  2015/01/01


NTTデータ数理システム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス 50万円(税別)〜

カテゴリ  BI | データ分析ソリューション

製品概要  世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。

オススメユーザー  医薬・保健学分野のデータ統計処理やデータの可視化、製造分野の品質管理や工程管理、金融分野での予測やシミュレーションに。


タブローソフトウェア  2015/12/24


Tableau Japan

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  BI | データベースソフト | ERP | CRM | DWH | データ分析ソリューション

製品概要  ●高度な分析機能を10万円台で提供●ビジュアルUIを追求、分かりやすく誰でもすぐに使える●Google/Microsoft/eBay/Yahoo! など、先端IT企業が導入

オススメユーザー  ●「高い」「難しい」といった理由でBI導入をためらっている企業●現場社員の情報分析力を高めたい企業


IBM Content Analytics with Enterprise Search  2012/11/15


日本アイ・ビー・エム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  BI | データ検索ソフト | DWH | データ分析ソリューション

製品概要  テキストマイニング(自然言語分析)ソフトウェア

オススメユーザー  膨大なテキスト情報から知見を得て、顧客満足度向上、売上げ向上、製品サービス不具合早期発見などの具体的効果を目標とする企業


「分析 ソフトウェア」に関するセミナー情報

誰もが使える簡単BI "InfoCabina Yellowfin Cloud"体験セミナー

エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア


開催日

 11月18日(金),2月17日(金)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  データ分析ソリューション | ビッグデータ | BI

概要  NTTソフトウェアは、現場が使えるBIをコンセプトに、クラウド上のBIオールインパッケージ「InfoCabina Yellowfin Cloud」をご提供してい…

オススメユーザー  全社スタッフ|情報システム部の統括|営業・販売


「分析 ソフトウェア」に関する特集



いまあるデータベースを速くするには? 最新データベース技術の「うまみ」を最大化するには? 最新の技術トレンドをソフトウェア/ハードウェアの両面からチェックしておこう。


カテゴリ  データベースソフト | データ分析ソリューション




 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 大学や研究機関だけでなく、ビジネスの世界においてもオープンソースソフトウェア(OSS)の重要度がますます高まってきています。 OSSは今や、LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)スタックに代表されるようなWebサーバ、データベースサーバなどの主要ミドルウェアだけのものではありません。例えば、ソフトウェア開発フレームワーク、Apahe HadoopやSparkに代表されるようなデータ分析基盤、OpenStackのようなクラウドインフラ基盤、あるいはマイクロサービス間のメッセージング処理などでも活用されており、今やエンタープライズ分野での実績も多数持っています。 このように、OSSが広くエンタープライズ領域で採用されるようになってきている背景には、市場ニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境の変化に対して、エンタープライズのITシステムであっても、高いレベルでタイムリーに対応しなければならないという厳しい要件があります。  各プロジェクトのポリシーにもよりますが、OSSは世界中の技術者らが開発に参加し、常に新しい技術の取り込みやセキュリティリスクへの対処などをオープンに議論しています。また、成果は誰でもすぐに利用できます。  常に最先端のテクノロジーが実装され、日々改良が重ねられ、誰でもすぐに利用できるという特徴を備えたOSSは、昨今の変化が激しいビジネス環境で求められる、現代的なエンタープライズシステムの要件をクリアしていくためのベストな選択であると考えられているわけです。  一方でハードウェア(サーバ)はコモディティ化が進んでおり、個々のエンタープライズシステムで求められる「信頼性」「可用性」「スケーラビリティ」「セキュリティ」といった、個別の非機能要件を必ずしも満足できないという課題に頭を悩ませるケースも増えています。  やりたいことをすぐに実装できるというソフトウェアの観点と、実装した機能を安定して運用できるというシステム基盤としての観点の両立が、ビジネスの世界では非常に重要ですが、一般的なコモディティハードウェアでは後者の「安定して運用」という点では、どうしても超ハイエンドな環境と比較すると見劣りします。例えば「無停止運用」といったときに、金融機関の決済業務システムと、IAサーバの冗長構成で運用するWebアプリケーションとでは許容されるSLAのレベルが異なるのです。


カテゴリ  メインフレーム | Linux | Webアプリケーションサーバ | IaaS/PaaS | オープンソース | システムインテグレーション | DevOps


「分析 ソフトウェア」に関するニュース



 JIG-SAWは、データ分析の経験とソフトウェアが不要な、AI(人工知能)を利用した全自動ビッグデータ分析サービス「megaro」をリリースした。megaroでは、初めに社内で保管しているビッグデータを同サービスに連係することで、ビッグデータ分析にかかる作業を自動で実施し、得られた結果や示唆をWeb画面で提供する…


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 株式会社シーエーシー(CAC)は、顔画像分析などによる感情認識基盤の開発を行なう米Affectiva,Inc.のサービスとソフトウェアを発売する。Affectiva社の感情認識ソフトウェアは、偏りのない消費者の反応をキャプチャしてリアルタイムで計測し、瞬間的に生じる自然な感情を98%の精度で分類できるという。例えば、…


カテゴリ  その他データ分析関連 |




 テクマトリックスは、Lattixのアーキテクチャ分析ツールの新版「Lattix 10」日本語版の出荷を12月22日(予定)に開始する。本ツールは、ソフトウェアの構造と依存関係を、DSM(DependencyStructure Matrix)を使って可視化する。ソフトウェアの構造上の問題検出やコード修正時の影響分析、リファクタリングなど、…


カテゴリ  テストツール |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「分析 ソフトウェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ