「共有フォルダ 整理」に近い情報
「整理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「整理」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「整理」に関する記事情報

この数年で大転換を迫られる企業IT、時系列で分かる「何をいつまでにどうすればよいか」 : IT導入完全ガイド:

Windows Server 2008のサポート終了への対応に注目が集まるが、問題はそれだけではない。これから2025年までの数年は企業情報システムの大転換期になる。いつ何がどうなるかを整理した。

BtoBメーカーの業界再編、三菱商事グループ3社が選択したIT基盤「合従連衡」策とは : イベントレポートアーカイブ:

事業の統廃合や買収、企業グループ間の移動はもはや当たり前によくある話。ワークフローを整理してすぐに成果を出さなきゃいけない時代に、IT部門に課されるお題はムチャぶりだらけ。どうすれば効率よくできる?

部分導入か全体導入か、カスタマイズは必要か? クラウドERP導入前に確認すべきポイントを整理 : IT導入完全ガイド:

ERPの導入やリプレースは企業全体の業務に関わるため、慎重に検討する必要がある。「部分導入か全体導入か」「基本機能だけで運用できるか」など考えるべき点は多い。本稿では導入前の確認ポイントを整理したい。

チャットbotとは? 活用するために何が必要? 今さら聞けない基礎知識 : IT導入完全ガイド:

チャットbotはto Bやto Cビジネスでの顧客接点で、人による対応負荷の削減と顧客満足度向上に役立つのはもちろん、In Bでの活用も増えると予想されている。その概要とメリット、そして利用方法を整理しておこう。

Windows 10導入方法は? Windows 7サポート終了後の疑問を整理する : IT導入完全ガイド:

Windows 7のサポート終了まであとわずか。Windows 10はアップデートポリシーなどが大幅に変わることから、移行後の運用も従来通りとは行かない。チェックポイントを整理しておこう。

Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント : イベントレポートアーカイブ:

2018年3月「Think 2018」発表した内容を基に、日本IBMが国内での展開を整理した。Watsonの名の下で、データ基盤を強化する。全体の概要を整理した。

GDPR絶対理解、プロが教える「ココだけ」対策ポイント : 待ったなし! GDPR対策:

GDPRの対応には関わる部門が多い。まずは各部門で対応すべき項目を整理し、優先順位をつけて対応することが重要だ。ココだけは外せない対策ポイントを説明する。

「2018年は1社にRPA100体が当たり前」知っておくべき3つの課題 : イベントレポートアーカイブ:

 RPAのロボットは制作が簡単なこと、さまざまな業務に適応できることから、スケールに至るまでの期間が短い。ロボットが増えすぎて手に負えなくなる前に、あらかじめ課題とリカバリー方法を知っておく必要がある。NTTデータ イントラマート 久木田 浩一氏が課題を整理し「RPAとBPM(Business Process Management)を組み合わせる解決法を語った。

匿名化ソリューションとは? 導入方法、代表的なソリューションを整理する : IT導入完全ガイド:

匿名化ソリューションはどう導入するのか、自社の要件でチェックすべきポイントを整理。国内3つの主要匿名化ソリューションの特徴も紹介。

匿名加工情報とは? 基礎概念、利用用途を理解する : IT導入完全ガイド:

個人情報保護法は個人情報を守りながらも広く社会に貢献する情報活用に向けた道も整備している。情報銀行構想などはその一例だ。その際、カギとなる匿名加工情報とは何か。匿名化ソリューションとその利用用途はどんなものか、基礎情報を整理する。

「整理」に関するIT製品情報

いまさら聞けない、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)の基礎知識

ヴイエムウェア株式会社

ソフトウェア定義データセンター(SDDC)のデータ管理アプローチでは、「物理」「仮想化」「管理」の3つの論理層に分けてプロセスを考える。それぞれの層でできることは何か、基礎知識を整理する。

「備え」か「保管」か、目的で使い分けたいバックアップとアーカイブの違い

富士フイルム株式会社

ストレージの運用効率やコストを最適化するには、目的の整理がポイントになる。災害など思わぬデータ消失に備える「バックアップ」と、大量のコールドデータを長期的に保管する「アーカイブ」で要件やコストが大きく異なるからだ。

スプレッドシートでのデータ分析から脱却し、データからさらなる価値を引き出す

Tableau Japan株式会社

膨らみ続け、分散するその所在。いわゆるビッグデータを扱うためのツールとして、スプレッドシートはもはや適しているとはいえない。あらゆるデータにスムーズに接続し、速やかに整理、分析可能なソリューションが今、求められている。

経営情報を迅速に可視化、3社の事例に学ぶ基幹業務システム刷新

SCSK株式会社

基幹業務システムの老朽化は、業務効率とビジネス成長の停滞を招く。複雑化した システムを整理・統合し、将来も見据えた会計・経営情報のスムーズな運用を実現 するにはどうすべきか? 3つの事例からERP刷新のポイントを探る。

ファイルサーバのリプレースを楽にするデータ整理術「GDMS 4.0」

株式会社ジャストシステム

データの急増に対応しようとファイルサーバのリプレースを実施しても、業務 効率が改善するとは限らない。その目的を達成するためには、まず現状の可視化と 移行すべきデータの整理に取り組みたい。本資料では、そのコツを紹介する。

「整理」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。